「住民税 普通徴収」の専門家コンテンツ 一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)

カナダにいらっしゃい!

西島 正樹
西島 正樹
(建築家)

一人ひとりの生き方と呼応し、内面を健やかに育む住宅を

新納 昭秀
新納 昭秀
(経営コンサルタント)
信戸 昌宏
信戸 昌宏
(建築家)

閲覧数順 2021年11月26日更新

「住民税 普通徴収」を含む検索結果一覧

77件が該当しました

利用者からのQ&A相談

子3人。貯蓄したいです。家計診断お願いします。

夫会社員34歳、手取り約30万、ボーナス30~60万妻(私)パート37歳、手取り約10万子供3人(小2、6歳&2歳保育園)住宅ローン9万 ボーナス払い無し電気1万2千ガス8千水道9千食費6万3千酒代1万5千外食・レジャー費4千交通費(Suica、カーシェア、駐輪場)1万日用品費(消耗品・おむつ)1万2千教育費(教材、給食費、学童、保育料、塾、習い事)4万5千被服費(服、靴、クリーニング、美容院、化...

回答者
森本 直人
ファイナンシャルプランナー
森本 直人

内縁と住民税について

昨年度末に公務員を退職しました。今年度の住民税を四期に分けて支払っています。今月パートナーの内縁に入りました。今年度の住民税は変わらず支払う必要はありますか?控除等は一切ないのでしょうか?

回答者
柴田 博壽
税理士
柴田 博壽

年度中途に退職し確定申告を行なった翌年、パートに転職した場合

結婚を機に、平成29年9月に勤務先を退職後、夫の扶養に入り、その年はどこにも就職しなかったため、源泉徴収票と退職所得の源泉徴収票を基に平成29年分の確定申告を既に行いました。(退職後に届いた平成29年度と平成30年度の住民税については、普通徴収の納付書により計21万円程度を、それぞれ一括納付済です。)翌年の平成30年4月以降、パートに転職し、年金・健康保険ともに夫の扶養を外れました。(住民税は給与...

回答者
柴田 博壽
税理士
柴田 博壽

アルバイトで130万を超えた場合

私は21歳の大学生です。来年の4月で社会人になるのですが、今現在アルバイトをしていて今月の時点で所得が130万を超えてしまいました。去年は103万を超えてしまい、親の所得から引かれました。この場合健康保険などを払わないといけないと聞いたのですが、いつから払わないといけないのでしょうか?後、今使っている保険証も使えなくなると聞いたのですが、今すぐ市役所などに行き手続きした方がいいのでしょうか?また別...

回答者
柴田 博壽
税理士
柴田 博壽

住民税と、源泉徴収と一致しない所得税について

2016年4月より、現職場で働き始めました。それ以前は学生であり、給与所得は受け取っておりません。2月に渡された2017年1月分の給与明細に源泉徴収票が同封されていました。以下、その内容の概要になります。数字は端数切捨てにしています。1.支払金額:250万円2.給与所得控除後の金額:157万円3.所得控除合計:74万円4.社会保険料等の控除:36万円5.源泉徴収税額:4万円私の背景としては、扶養家...

回答者
柴田 博壽
税理士
柴田 博壽

専門家が投稿したコラム

海外赴任中の住民税

(1)住民税の課税の基本 住民税は前年の1年間の所得を基に計算され、その年の1月1日現在の住所地の市区町村で課税されます。   会社員である場合、毎月給与から差し引かれる方法(特別徴収)により6月〜翌年5月にかけて、毎月納税することになります。 たとえば2017年4月に海外赴任した場合、2017年1月1日時点においては、日本に居住しているので、2018年6月から2019年5月分までの住...

大黒たかのり
執筆者
大黒たかのり
税理士

徴税徹底の動き

おはようございます、今日は上元の日です。小豆粥を食べるとのこと、食したことは一度もないかなぁ・・・マイナンバー制度についてお話をしています。個人住民税の徴税方法として特別徴収が徹底されてきていることを説明しています。例えば私が住む神奈川県ですが、2016年からの個人住民税では特別徴収の対象者はほぼ例外なく特別徴収を採用するように徹底がされています。普通徴収の選択は、かなりしっかりとした理由がないと...

高橋 昌也
執筆者
高橋 昌也
税理士

特別なのに原則とはこれいかに

おはようございます、今日はピース記念日です。タバコ、10年以上前にやめました。マイナンバー制度についてお話をしています。住民税に関する二種類の納税方法について触れています。普通徴収と特別徴収ですが、実は特別徴収の方が原則的な制度となっています。コレには明確な理由があります。・会社が給料から天引きするほうが徴税の漏れが明らかに少ない納税者本人の手続きをさせる普通徴収より、事業者にその処理を任せる特別...

高橋 昌也
執筆者
高橋 昌也
税理士

普通徴収と特別徴収

おはようございます、今日はスキーの日です。昨年、久しぶりに楽しみましたが中々面白かったです。マイナンバー制度についてお話をしています。住民税の支払い方法には二種類あることを触れました。・普通徴収お役所から納税者本人に住民税の資料が届き、その納付書を使って納税する方法。通常は年に四回、自分から納税の手続きを行う必要があります。・特別徴収給与生活者用の制度。毎月のお給料から住民税額を天引きし、事業者が...

高橋 昌也
執筆者
高橋 昌也
税理士

住民税のこと

おはようございます、今日は蔵開きの日です。最近なら倉庫開きですかね。マイナンバー制度についてお話をしています。社会保険全般について、随分と気合が入っているなぁ…ということを紹介しました。マイナンバーと少し絡むお話として、個人住民税のことを触れておきます。実は最近、個人住民税についてもある傾向が非常にはっきりとしてきました。最初に前提知識として。個人住民税の納税には2つの方法があります。普通徴収と特...

高橋 昌也
執筆者
高橋 昌也
税理士

「増税」に関するまとめ

  • 消費税、相続税など相次ぐ増税!この大増税にあなたができる対策は?

    消費税は2014年に8%、2015年に10%の増税(2014年11月、2017年4月に延期されました)。相続税は2015年、復興税は2013年と相次ぐ増税が決定しています。 今後の経済回復が不透明の中、あなたの家計に大きな打撃となること間違いありません。 この大増税時代に、どんな対策ができるか?何が必要なのか?プロファイルの専門家が増税対策の情報を発信していきます。

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「住民税 普通徴収」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (68件)

  • コラム

    (9件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索