「パーソナリティー障害」の専門家コンテンツ 一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

押野 智之
押野 智之
(音楽講師)

音楽とじっくり向き合いたいあなたへ

タカミ タカシ
タカミ タカシ
(キャリアカウンセラー)

"個人支援専門" プロセスを大切にし、自信と結果につなげます

西島 正樹
西島 正樹
(建築家)

一人ひとりの生き方と呼応し、内面を健やかに育む住宅を

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)
後藤 一仁
後藤 一仁
(公認不動産コンサルタント)

閲覧数順 2020年01月28日更新

「パーソナリティー障害」を含む検索結果一覧

18件が該当しました

利用者からのQ&A相談

転院の受け入れ拒否

精神科の病院を転院する場合、受け入れ拒否されることはありますか?

回答者

パートナーが境界例?

結婚して半年ちょっとたちました。30代前半の共働きの夫婦です。籍を入れて暫くした頃から、夫が大声で怒鳴り散らすことが多くなりました。観察していると(素人判断ですが)境界性パーソナリティ障害の症状ように思いました。詳しいサイトなど調べましたが、以下は全て当てはまる点です。(1)見捨てられ不安、依存が強い。(2)怒りの感情を抑えられず、ビックリするような怒り方をする。(3)他人に対する評価がコロコロ変...

回答者
見波 利幸
主席研究員
見波 利幸

虚言癖を治したいです。

19歳女です。私には嘘をついてしまうクセがあります。親のアルコール中毒など、問題の多い家庭に育ちました。嘘、というのは具体的には、行ってもいない場所に行った事にしたり、通っていた学校の名前を偽ってしまったり…です。自分では、口から勝手に言葉が出る感覚で、嘘を付いていると意識したのは中学生の時でした。それまでは、(聞かれると嘘だと認めれると思いますが)普通に話しているつもりでした。嘘は止めようと意識...

回答者
菅野 庸
院長・医師
菅野 庸

鬱病の夫に依存されていると感じます

うつ病と診断され5年以上の夫がいます。服薬しながら仕事に行っていますが、子供(現在4ヶ月)が生まれてからの環境の変化に、病状が悪化しているようです。・子供に嫉妬してしまい、かわいいけど、かわいくない、と言う。・私が友達と携帯メールをしていると機嫌が悪くなる→うつ状態に。・家事に追われて夫にかまってられないと、機嫌が悪くなる→うつ状態に。・子供の頃寂しい想いをしたから、アダルトチルドレンなのかもと本...

回答者
菅野 庸
院長・医師
菅野 庸

ミュンヒハウゼン症候群でしょうか?

最近、救急車に運ばれたいと思ったり、医者に診て貰いたいと思って、自分で怪我をして病院にいきたいと思ってしまいます。でも、なかなか怪我が出来ないもので、風邪を引こうとも考えています。自分でもよくわかりませんが、テレビで救急車や病院が映ると羨ましく思います。また、どうやったら気を失えるのかや、救急車にどうやったら運んで貰えるのか・・・交通事故でも起こそうかなどとかんがえたり、階段から落ちて一回気絶すれ...

回答者
菅野 庸
院長・医師
菅野 庸

専門家が投稿したコラム

「自己愛性パーソナリティ障害」とは

「自己愛性パーソナリティ障害(Narcissistic personality disorder. NPD)」とは、「ありのままの自分」を愛することができず、「自分は優れていて素晴らしく特別で偉大な存在でなければならない」と思い込むパーソナリティの障害です。DSM.Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders, 5th Edition....

茅野 分
執筆者
茅野 分
精神科医(精神保健指定医、精神科専門医)

「境界性パーソナリティー障害」の原因とは

境界性パーソナリティー障害は、大別すると、対人関係の障害(対人関係が不安定で自己同一性が不確定)、行動コントロールの障害(衝動的行動が多いこと)、感情コントロールの障害(感情不安定で怒りが強いこと)の3種に分類されるという見解が示されています。その原因は、脳内神経伝達物質セロトニン低下、偏桃体・過剰興奮、視床下部ー下垂体ー副腎系の機能低下など、生物学的な説明もされているが、不安・うつ状態と変わりな...

茅野 分
執筆者
茅野 分
精神科医(精神保健指定医、精神科専門医)

「境界性パーソナリティー障害」への援助とは

あらゆる精神疾患と同様に「傾聴」「共感」「受容」を基本とする。境界性パーソナリティー障害 Borderline Personality Disorder(BPD)の患者さんは治療者との間に「転移」「逆転移」を頻繁に生ずるこがあるため、注意を要します。転移:患者さんが幼少期に両親などへ抱いて感情を治療者へ再現すること               親愛のような「陽性転移」と憎悪のような「陰性転移」とが...

茅野 分
執筆者
茅野 分
精神科医(精神保健指定医、精神科専門医)

スタップ細胞の小保方さんに改めて思う事。

こんにちは!結婚カウンセラーの湯田佐恵子です! 新刊「『心のブレーキ』がわかればあなたも結婚できる!」の最終稿をやっと終了し一息ついています。 このところその話題ばかりだったので、ちょっと閑話休題。(笑) 今年起こったことって本当にいろいろありましたよね~。 中でもSTAP細胞は結局証明されなかったという話は、つい最近明らかになり、「夢の若返りも」という言葉につい期待した(笑)私たちにとっ...

湯田 佐恵子
執筆者
湯田 佐恵子
婚活セラピスト、心理カウンセラー

そもそも「パーソナリティー障害」とは?

「パーソナリティー障害」なるものを、もっと根本的に考え直す必要があるのでは?という記事がNew York Times (Nov. 26, 2012) に掲載されていました。 私自身もカナダのUBCで学んだ時に、これを疾患と定義するのは正に社会科学の横暴だと感じた経験があるので、興味を持った記事です。 「パーソナリティー障害」とは: All About のサイト(メンタルヘルス専門家)にこう定義さ...

大澤 眞知子
執筆者
大澤 眞知子
カナダ留学・クリティカルシンキング専門家

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「パーソナリティー障害」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (13件)

  • コラム

    (5件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索