「パーキンソン」の専門家コンテンツ 一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

堀江 健一
堀江 健一
(恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー)

何より優しく共感を持って、あなたの味方になります

西島 正樹
西島 正樹
(建築家)

一人ひとりの生き方と呼応し、内面を健やかに育む住宅を

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)
安藤 智洋
安藤 智洋
(しつけインストラクター)

閲覧数順 2021年07月29日更新

「パーキンソン」を含む検索結果一覧

49件が該当しました

利用者からのQ&A相談

パーキンソン病について

母親がパーキンソン病と診断されて約2年。薬の量を増やした頃から、家の周りに人の気配がする。壁や雨戸を叩く。と言い始めて、防犯カメラを取り付けて様子を見たが写っておらず。居ないことを認めず、最近は酷くなってきて、昼間も居ると言い始め。居ないと言うことを認めてくれず、どう対応すればよいのか。幻覚があることは、医師にも伝え済み。

回答者
池見 浩
消費生活アドバイザー
池見 浩

左手親指がピクピクする

2.3日前位から左手の親指(付け根の辺り)が痙攣とまではいかないのですがピクピクするのです。 特に他の症状・・・痛みや痺れなどは無いのですが気になりネットなどで調べてみるとパーキンソンの病名がヒットし、驚いている所です。 この症状だけでパーキンソンと決めつけるのもどうかと思うのですが、他に可能性としては何かあるのでしょうか?

回答者
外丸 千明
理学療法士
外丸 千明

MRIやSPECT等を実施できるか

数年前から叔父(83歳)が認知症のようで近所の公園を自分の地所だと言っていつまでも掃除をしていたり、もう夜だからといっても聞かずに外に出て行くと聞いていたのですが、2年位前から叔母さんの事も認識できなくなっているようだったので病院に行くように薦めていたのですが専門の病院を頑固に叔母が拒み近所の町医者(内科)で、やっと(アリセプト)を処方してもらっていました。ところが1年位前から幻覚や幻聴が現れるよ...

回答者
国府谷 明彦
厚生労働省認定 産業カウンセラー
国府谷 明彦

手足の震え

手の震えは20歳の時に発症しました。現在40歳になりますが、段々症状が悪化して現在は手足の震えと首の震えがひどく御飯もまともに食べられない状態です。そこで心配になりこの前神経内科に行ってきました。病名は、本態性振戦(家族性振戦)と言われました。このままの状態だといずれパーキンソン病に進行すると言われました。薬も一時的に止める薬があると言われましたが3、4時間で効果がなくなると言われました。でも、私...

回答者
菅野 庸
院長・医師
菅野 庸

やっと合う薬に出会ったと思ったら

統合失調症を発症してから、20年になります。それよりの以前から、小学校で抜毛症にかかり、中学校で神経症と診断されたことがあります。今まで、さまざまなお薬を服用してきました。ですが、どれも合わず、ずっと苦しんできました。薬を変更するたびに、調子を崩し、入退院を繰り返しました。精神薬を飲み始めたのは、統合失調症にかかってからなのですが、そのころより、落ち着かない感じがして、そわそわ落ち着かず、いつも動...

回答者
菅野 庸
院長・医師
菅野 庸

専門家が投稿したコラム

今私達が観ているのは、誰もストーリーを予測する事ができない最上級の映画「地球」(※追記あり♫)

このコロナパンデミックが始まってから、巷では色々な憶測が飛ぶ様になり、パンデミックは人為的なものであったと見破った人達の間では、常に「誰の言う事が正しいのか」「誰の言う予言が当たっているのか」という事が探され、そして議論されています。   その中で私が興味深いのは、「予言されたものが外れた時」の人々の反応でしょうか。   特に日にちや場所などを明言してしまったものの予言というのは、大体外れ...

大園 エリカ
執筆者
大園 エリカ
クラシックバレエ教師・振付家

マット化でご紹介!高濃度ビタミンC点滴は、ニキビに効きます!

ニキビ・免疫力アップに効くと昨日ご紹介した高濃度ビタミンC❗️もっと突っ込んでビタミンCの有効性です ニキビの原因はアクネ桿菌(かんきん)という菌。この菌を殺すためには、免疫力を上げる必要があります。免疫力アップでウィルスを退治できたのと同様に菌にもに効果的です。 またそれだけではなくて、ニキビ跡などの色素沈着に効く保険診療でもビタミンCは認められています。色素沈着でビタミンCを内服することも...

蘇原 しのぶ
執筆者
蘇原 しのぶ
院長 皮膚科医

不自然なまでに恐怖を煽る「コロナウィルス騒動」の裏側では何が起きている?

今回のコロナウィルスもそうですが、世界的なパンデミックが故意に起こされる時は、裏で必ず何かの意図が働いているという事が言われます。   ちなみに日本ではコロナウィルスばかりがニュースで取り上げられて、国民に過剰なまでの恐怖心を意図的に植え付けていますが、実はアメリカではインフルエンザで、物凄い数の死者が出ているという事は、つい最近まで全く報道されていませんでした。(※ここにも何らかの意図が隠さ...

大園 エリカ
執筆者
大園 エリカ
クラシックバレエ教師・振付家

男性も更年期障害?

男性も更年障害? 「それって、女性だけじゃないの?」確かに以前は、そのように考えられていました。 しかし、近年では男性も更年期障害にかかることが知られるようになりました。  日本に潜在する男性更年期障害を患う人の数は600万人とも言われています。 こんな症状が男性更年期障害 40代中頃から、「最近、イライラすることが多くなった」、「汗をかくことが多くなった」、「睡眠の悩みがある」、「精力...

石川 ロバート誠
執筆者
石川 ロバート誠
パーソナルダイエットコーチ

性格分析研究所〜プロ仕様 vol.33【脳内物質とエニアタイプ】

今回はもう一度、各タイプと脳内物質との関連を詳しく探っていきます。 エニアグラムが科学になる日も近い? 9つのエニアタイプと、脳内物質の活動の高低との相関関係が明らかにされつつあります。 ドーパミン、セロトニン、ノルアドレナリン(ノルエピネフリン)の3つの神経伝達物質を観ていきます。 ざっくりドーパミンは、活発さや気分に関わるやる気ホルモンです。 ドーパミン高=自己主張型(3・7・8) ドーパ...

湯田 佐恵子
執筆者
湯田 佐恵子
婚活セラピスト、心理カウンセラー

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「パーキンソン」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (10件)

  • コラム

    (39件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索