「ソニー生命」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)

カナダにいらっしゃい!

沖田 将人
沖田 将人
(獣医)

地域に密着したワンランク上のホームドクターを

西島 正樹
西島 正樹
(建築家)

一人ひとりの生き方と呼応し、内面を健やかに育む住宅を

福島 多香恵
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター 社会福祉士)
保志エリカ
保志エリカ
(女装専門美容家・女装士)

閲覧数順 2019年03月21日更新

「ソニー生命」を含む検索結果一覧

260件が該当しました

利用者からのQ&A相談

生命保険の内容を変更させられた

2004年8月にソニー生命の積立利率変動型終身保険に加入しました。8年後の2012年に保険の変更を進められたのですが、内容も変わる為、積立利率変動型終身保険は払い済みになり、今もそのまま置いてあります。今の所約40万程のマイナスになっています。新しい保険は生前給付保険の終身型で、保障内容は変わっていないのですが、保険金/給付金が1,800万円から1,050万円に下がりました。よくよく考えると、支払...

回答者
森本 直人
ファイナンシャルプランナー
森本 直人

肝硬変でも入れる一時払い終身保険はありませんか?

家族が末期の肝硬変で吐血し入院しました(ノドの静脈瘤が破れた)。大量出血ではなく、退院できると思いますが、三度目の入院なので退院できてもあまり時間は残されていないと思います。相続対策で今からでも告知なしで入れる一時払い終身保険はないでしょうか?よろしくお願いします。

回答者
矢崎 雅之
ファイナンシャルプランナー
矢崎 雅之

アクサ生命のユニットリンクについて

初めて質問させて頂きます。結婚を機に、保険屋さんで主人の保険見直しを行ったところ、死亡保険と老後貯蓄としてアクサ生命のユニットリンクをお勧め頂きました。毎月貯蓄にあてられる金額を算出し、月額3万円を老後の為の貯蓄にあてられたらと考えています。主人は27歳で、3万円ユニットリンクを組んだ場合、死亡保険が約2700万円です。将来子どもを育てていくことを考慮し、3000万円程度の死亡保険をつけたいと思っ...

回答者
小島 雅彦
保険アドバイザー
小島 雅彦

終身保険と定期保険、養老保険について

初めまして。子供が生まれ、夫婦共何も保険に入っていないこと、また子供のために貯蓄を兼ね、保険を考え始めました。情報: 主人 32歳 年収 1030万(去年の確定分) 妻  32歳 年収 800万(去年の確定分※今年は、産休中のため、減額) 子供 0歳(将来もう1人を予定) ●ローン 5300万(購入して3年 毎月31万返済) ●貯蓄  銀行口座:600万      財形・持ち株:300万     ...

回答者
岩川 昌樹
ファイナンシャルプランナー
岩川 昌樹

個人年金について

最近、マイナス金利になったので、個人年金保険料控除を目的で下記の個人年金(10年確定)の加入を検討しています。 1.ソニー生命 5年ごと配当付 個人年金保険 給付金 年額40万円(受取率121.4%)2.スミセイ たのしみワンダフル 給付金 年額32.65万円(受取率125.3%)2つとも払込期間60歳、65歳から受取。受取率だけで見ればたのしみワンダフルが高いのですが、ソニー生命には払込免除が付いています。受取率が低くても払込免除が付いている方に加入するべきなのでしょうか?

回答者
辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー
辻畑 憲男

専門家が投稿したコラム

ソニ―生命の架空契約多発

ソニー生命保険の社員から架空の生命保険契約で現金をだまし取られる被害が相次いだ問題で、金融庁が同社に立ち入り検査に入っているようです。業務の成果に応じて賃金が支払われる「完全歩合制」の給与形態が事件を招いた可能性があるとして、実態の把握に乗り出した。 被害は、顧客からの問い合わせで発覚し、ソニー生命が昨年7月に発表した。香川県内で営業を担当していた元男性社員が2009年9月~17年4月...

岡崎 謙二
執筆者
岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー

担当者によって家計の収益が大きく変わる!

こんにちは、FPブレーンの岩川です。銀行や保険会社、証券会社など、それぞれ対面で商品を購入する場合は、誰から購入するか、どの担当者から購入するか、で、その購入者の家計に大きく影響します。ある方は、10年で資産が1.5倍になるケースもあれば、一方では殖えるどころか目減りするケースもあります。20年以上前のことですが、私が証券会社在籍中に、当時出入りしていた生命保険の女性担当者から毎日熱心に説明され契...

岩川 昌樹
執筆者
岩川 昌樹
ファイナンシャルプランナー

マイナス金利、円高などによる生保の逆ザヤに要注意

1.生保の業績悪化が鮮明 2016年4月~6月期決算は、主要生保8社中6社の基礎利益(一般の会社で言えば営業利益に相当)が前年同期比で減少した。 首位の日本生命は1.5%減。 第一、住友、明治安田、富国、朝日はいずれも2桁減益となった。 業績悪化の要因の1つが、急激にすすんだ円高。 主要生保の昨年6月末の想定為替レートは1ドル=120円前後であったが、今年6月末は、100...

釜口 博
執筆者
釜口 博
ファイナンシャルプランナー

外貨建て保険への加入は、日本との金利差が3%以上になってから

ファイナンシャルプランナーの久保逸郎です。 現在発売中の『Financial Adviser』の外貨建て保険の特集に原稿を書かせていただきました。     2月16日からマイナス金利が導入されて、長期金利もマイナス(2016年5月26日現在、-0.11%)の状況が続いています。 この結果、円建ての貯蓄性のある保険商品の魅力は完全に失われました。 今月に入ってソニー生命が個人年金保険などの販売...

久保 逸郎
執筆者
久保 逸郎
老後のお金の不安解消アドバイザー

歴史で覚える日本の生命保険4

昭和50(1975)年代後半になると、平均寿命が伸びてきたことにより、一定の期間で保障が切れる「定期付養老保険」ではなく、一生涯保障が継続する「終身保険」への関心が除々に高まってきました。 昭和54(1979)年、コンサルティング営業を中心とした「ソニー・プルデンシャル生命」(後、昭和62(1987)年に合併契約を解消し、ソニー生命とプルデンシャル生命に分割して改称)が設立されました。生保レディ...

田中 香津奈
執筆者
田中 香津奈
CFP・社会保険労務士

専門家が投稿した写真・作品

9月版ソニー生命様ビジネススキルアップセミナー講演の様子

2011/09/29 21:00
竹内 慎也
(営業コンサルタント)

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「ソニー生命」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (233件)

  • コラム

    (26件)

  • 写真

    (1件)

  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索