「アナフィラキシー」の専門家コンテンツ - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

佐久間 健一
佐久間 健一
(ボディメイクトレーナー)

モデルボディメイク

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)

カナダにいらっしゃい!

吉野 真人
吉野 真人
(医師)

あなたの自然治癒力を引き出し心身の健康づくりをサポートします

小日向 るり子
小日向 るり子
(心理カウンセラー)
齋藤 めぐみ
齋藤 めぐみ
(キャリアカウンセラー)

閲覧数順 2018年04月20日更新

「アナフィラキシー」を含む検索結果一覧

16件が該当しました

利用者からのQ&A相談

ワクチンについて。

1歳3ヶ月のミニピンを飼っています。生後2ヶ月ちょっとの時にペットショップで購入しました。1回目のワクチンはペットショップでされていて、2回目は動物病院でしました。2回目を打ったその晩に41度の熱を出し翌朝すぐ動物病院で見てもらったら「アレルギーかもしれません」と言われ点滴をして頂き元気になりました。3回目も同じ動物病院へ。その際「2回目で熱が出たのでワクチンの種類を変えます」と言われ打って頂いた...

回答者
苅谷 和廣
獣医
苅谷 和廣

麻酔で気分が悪くなりました

先日、抜歯をする際に麻酔をしました。その際、軽い動悸がしましたが、その時はあまり気にしていませんでした。麻酔が終わって麻酔が効くまで少し待っているように言われました。その頃から今までに経験した事のない程の動悸が始まり、息苦しさと気持ち悪さが増してきました。すぐに先生が気が付いてくれて、処置をしてくださりました。先生の呼びかけに反応するのもやっとでしたが、しばらくして何とか落ち着きました。先生には、...

回答者
米田 成位
歯科医師
米田 成位

子犬の狂犬病ワクチン接種について

初めまして、私は今6ヶ月になる子犬をカナダで飼っています。来年の11月に日本へ帰国予定の為、狂犬病の準備を始めたいのですが、現地の獣医師に相談したところカナダでの狂犬病接種は子犬の時は1年に1回、その後3年毎に1回と義務付けられているそうで、日本への輸送条件としての2回の狂犬病ワクチン接種の義務を伝えたところ、『短期間の間にそのような過剰接種をするとワクチンが原因で狂犬病を発症する事がある』と言わ...

狂犬病の副作用

去年狂犬病の予防注射をしたところ調子が悪くなってしまいました。食欲や元気がなくなりあちこち痒がりました。予防注射が原因なのかわかりませんがその話をいきつけの獣医さんに話したところ今年は量を少なめにしてみましょう。と話していましたがその獣医さんが亡くなりました。ワクチンや狂犬病の副作用で亡くなる犬もいると聞きました。量を少なめにして大丈夫でしょうか?このような話をして新しい獣医さんは聞いてくれるのでしょうか?

相談

先日は、相談に乗ってもらいありがとうございます。薬について、相談します。1度、副作用が出てしまうと、絶対飲めなくなります。幼少の頃、ケフラールという薬を飲んで、動悸があり、血圧が200まで上がり死にかけ て、入院した事があります。それから、薬に対して恐怖感があり、トラウマになっているのかもしれません。初めて処方された薬を飲むのは、何処の科の薬もかなり勇気がいりま すが、1度飲んで、何ともなかったら...

回答者
茅野 分
精神科医(精神保健指定医、精神科専門医)
茅野 分

専門家が投稿したコラム

熱中症の原因の黒幕 【血液を汚すもの ①「食品添加物」】

毎年この季節になると「熱中症」の話題が頻繁に報道される様になって久しいですが、昔はこんなに熱中症で病院に運ばれる人の数というのは、そうは多くは無かったと不思議に感じるのは私だけでしょうか? (^^;??? 人間の体というものが持つ適応能力というものは、太古の昔からそんなに大差がある訳ではないのでは?と私は思うのですが、特に今の多くの日本人の方達は、本来体に備わっているその能力が確実に落ちている...

大園 エリカ
執筆者
大園 エリカ
クラシックバレエ教師・振付家

「凄腕メイクをしても可愛くならない凄腕ブスの作り方」編。女装サロン型女装化粧品ハイクオリティ

こんちわ(*´ω`*) 女装専門美容家・保志エリカです(*´ω`*) 本日1回目のブログ♡ 「凄腕メイクをしても可愛くならない凄腕ブスの作り方」 編 実は昨日、救急搬送されまして(-_-;) 実は先日、保志家と保志の人生が180度変わる非常事態が起こり 爆発的な心労に襲われた日々をすごしていました。 重度のストレスがかかってもアホなせいか、精神的にどうのこうのなるっていうのは 今までな...

保志エリカ
執筆者
保志エリカ
女装専門美容家

ワクチンを打つなら午前中に

 犬にせよ猫にせよ年に1回混合ワクチンの接種が必要です。    いやワクチンは2,3年に1回でいいはずだ!  いやいや、やっぱり毎年接種すべきだ!!という議論は置いておいて(それはまた難しい話になりますので)、少なくとも接種する必要はあるのです。    このワクチン、いついかなる時にも接種して良いかというとそうではありません。    もちろん人間のワクチンと同じように、元気食欲がある...

沖田 将人
執筆者
沖田 将人
獣医

アレルギーと日常生活

アレルギーで有名なのは、この時期の「スギ花粉アレルギー」や「アトピー性皮膚炎」などがありますが、最近のお子さんに多く見られるのが「食物アレルギー」ですね。 昔に比べ、今の学校給食ではアナフィラキシーショック防止のためのチェックがしっかり行われていると聞き驚きました。 食べ物の好き嫌いではなく、食べてしまったら大変なものがあるという認識は、食品を扱う業者さんにとっては重要項目になりま...

斉藤 進一
執筆者
斉藤 進一
建築家

身体症状の裏に隠された、あなたの深層心理

  前回のコラムでは、心身に出る症状は、心の奥の封印されてしまったもう一人の自分からの「SOS」なのです、とお伝えしましたが、もう少し、そうした、身体の症状と心の問題に関して書いてみたいと思います。     アレルギーというものが、あります。毎年春先になるとお困りの方もおられる「花粉症」は有名なアレルギー症状ですが、「そばアレルギー」「猫アレルギー」など様々なアレルギーがありますよね。 ...

堀江 健一
執筆者
堀江 健一
恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「アナフィラキシー」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (7件)

  • コラム

    (9件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索