「うつ薬」の専門家コンテンツ 一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目の専門家ランキングRSS

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)

カナダにいらっしゃい!

大園 エリカ
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

natural & elegance

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

金融商品販売しない真の独立系FPのパイオニア

小谷田 仁
小谷田 仁
(歯科医師)
山本 治
山本 治
(歯科医師)

閲覧数順 2022年09月26日更新

「うつ薬」を含む検索結果一覧

213件が該当しました

利用者からのQ&A相談

体調不良が多く、死んでしまいたい

33歳の未婚の女性です。10代のころからめまい症があり、精神科に通院しています。内科ではメニエール病といわれ入院し、しかし耳鼻科ではメニエールのめまいの出方ではないのでうつからくるめまいといわれ、最終的に精神科に回されてしまいました。精神科では、抗不安薬のデパスやめまい止めの薬をもらっている程度なのですが、ほとんど良くならず月に1回は必ずクラクラするめまいに悩まされています。うつからくるめまいとの...

回答者
吉野 真人
医師
吉野 真人

感情喪失

私は現在30歳OL、休職中の女性です。2015年3月末、うつ病の診断を受け、サインバルタ60mg,テトラミド10mg,ルネスタ3mgを処方されました。状態は安定していて復職支援プログラムに参加していましたが、2016年2月初旬に体調を崩し、エビリファイ3mgを処方されました。この頃からうつ状態が悪化してきたため抗うつ剤を変え、レクサプロ、レメロンを処方されましたが効果がなく、現在はアモキサン150...

回答者
堀江 健一
恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー
堀江 健一

婚約破棄の要件ならびに慰謝料請求について

こんにちは。結婚を前提にお付き合いしている彼がいて、今年1月初旬に会ったのを最後に電話やメールが全く音信不通になりました。結婚式そのものはしない方針でしたので、結納といった形をとっていないので正式な婚約と言えるものかも含めて分からないので、ご相談させていただきました。彼は、転職を考えており、今年3月に転職が決まるかどうかはっきりする時期と言っていたので、「入籍のタイミングは、それまで待って欲しい」...

回答者
芭蕉先生
恋愛心理カウンセラー
芭蕉先生

どうしたら良いのでしょうか?

数年前に頚椎ヘルニアによる頚肩腕症候群だと診断され、整形外科、接骨院など病院を転々としております。あるクリニックでは手術が出来る病院を紹介するとまで言われました。現在は当初の激痛は消えましたが、慢性痛が治りません。またその後、歯科医で歯の治療をしてから口が乾く様になって歯茎からドロドロしたものが出続けており、大変不快です。金属アレルギーの疑いもあり、別の歯科医で金属を全部はずしてセラミックに変えま...

回答者

完璧にしないと気がすまない

心理的なことを、いつも質問させてもらってますが またきいてほしいことがあります。最近出掛けるときの支度が、おそくなってきました。別に大慌てでしたくしてるわけではありません。遅刻とかそういうのもあるわけではないんですが、一つ一つのくことを丁寧にきっちりしないと気がすまなくなってます。化粧にしても、適当にパパパとすれはいいのに、肌から丁寧にきっちりしたり、干してある洗濯物とかも 帰ってからきちんと、た...

回答者

専門家が投稿したコラム

「慢性疼痛」と「うつ病」について

「椎間板ヘルニア」に限らず、「疼痛」ことに「慢性疼痛」は高頻度で「うつ病」を併発します。「慢性疼痛」とは国際疼痛学会により「治療を要すると期待される時間の枠組みを越えて持続する痛み、あるいは進行性の非癌性疾患に関連する痛み」とされており、「慢性疼痛」の多くが外傷や疾病に起因する急性疼痛から移行した痛みですが、疼痛を誘発する刺激が持続的または断続的に存在するために生じる場合も含まれます。持続時間につ...

茅野 分
執筆者
茅野 分
精神科医(精神保健指定医、精神科専門医)

心理療法の違いを教えて下さい

鬱病のため精神科へ通院して1年以上になります。鬱は前より良くなったのですが、後は性格の問題と言われました。性格を変えるにはカウンセリング・心理療法へ通うことを勧められました。そこで調べてみたのですが、色々な治療法があるようで、何が良いのか、合っているのか分かりません。それらの違いなど教えて下さい。(34歳、女性) 鬱が良くなって何よりですね。鬱状態にある時はカウンセリングや心理療法を行ってもなかな...

茅野 分
執筆者
茅野 分
精神科医(精神保健指定医、精神科専門医)

夫が常識では理解できない!被害妄想・過剰防衛・カサンドラ症候群

アスペルガーの方(以下AS)にとって、そしてアスペルガーの方(パートナー)と結婚された方にとって夫婦生活に支障が出る事の一つは、アスペルガーの方に 「頑固さ」 があることのように思います。 これはアスペルガーと関係なく、一般的にも言えることであろうとは思います。 そのようなASの方と、そのパートナーさんに向けて、少しでも2人が円満になれることを願ってコラム...

堀江 健一
執筆者
堀江 健一
恋愛恐怖症・心の問題カウンセラー

薬物中毒になる子供たち

 日本では、18歳までの子供に向精神薬を飲ませる量は増えているそうです。 2002年から2004年と、2008年から2010年を比較すると ADHD治療薬が2.9倍 統合失調症などの向精神薬が1.43倍 抗うつ剤1.31倍 に増加しています。 薬の使用量が増えるということに加えて不安なのが 向精神薬を何種類も混ぜて処方している点です。 実は、向精神薬の中で子供への安全性がわからない薬を ...

木村 和夫
執筆者
木村 和夫
鍼灸師

お笑いコンビ・ドランクドラゴンの鈴木

お笑いコンビ・ドランクドラゴンの鈴木拓が7月2日夜に放送されたNHK「クローズアップ現代」にVTRで出演し、 5年前から悩み続けている腰痛の要因について、 「ギャグが滑った時のストレスが最もよくない」と医師に宣告されたことを告白した。 腰痛の要因が、ギャグのすべり・・・・・!? これを見た方は「そうなんだぁ」と思いますか? それとも「そんなわけ無いでしょ!」とツッコミを入れますか? 日本整形外...

井元 雄一
執筆者
井元 雄一
WHO基準カイロプラクター 健康科学博士

お探しの情報が見つからないときは…?

コンテンツを絞り込んで探す

「うつ薬」に関する情報を、コンテンツの種類ごとに表示します。

  • Q&A

    (176件)

  • コラム

    (37件)

  • 写真

    (0件)

    リストを表示
  • サービス

    (0件)

    リストを表示
  • 専門家

    (0人)

    リストを表示

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索