高橋 裕也(弁護士)- コラム「自転車事故の示談の流れは?」 - 専門家プロファイル

高橋 裕也
交通事故や自転車事故を得意としております。

高橋 裕也

タカハシ ユウヤ
( 大阪府 / 弁護士 )
サービス:0件
Q&A:0件
コラム:13件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
0120-455-410
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

自転車事故の示談の流れは?

- good

2021-02-06 22:55

1 自転車事故の示談交渉の相手方

加害者が自転車保険に加入していれば、保険会社を相手に示談交渉をすることになります。

ただし、自転車保険に示談代行特約がついていなければ、加害者本人と示談交渉をしなければなりません。

2 示談交渉の開始時期

怪我の治療が終了してから示談交渉を行います。

治療が終了するまで損害が確定しないからです。

3 示談の流れ

治療が終了したところで、大きな怪我をしている場合には後遺障害の審査があります。

自転車事故では自賠責保険による診査がありませんので、加害者の保険会社が自社内で審査するのが一般的です。

また、労災保険が利用できるのであれば、労災保険で後遺障害の審査を受けましょう。

その後、保険会社から示談案が提示され、検討することになります。

保険会社の示談案は、慰謝料を確認する必要がありますので、弁護士に相談されることをお勧めします。

納得できる金額になれば、示談書、承諾書に署名捺印をして示談成立となります。

さらに詳しい解説は

自転車事故の示談交渉の流れは?

プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスコラム