横田 秀珠(Webプロデューサー)- Q&A回答「細かい数字に振り回されず、コンテンツの充実を」 - 専門家プロファイル

横田 秀珠
インターネットを使ったリアルビジネスの売れる仕組み作りが得意

横田 秀珠

ヨコタ シュウリン
( Webプロデューサー )
ネットビジネス研究会 代表取締役
Q&A回答への評価:
5.0/1件
サービス:0件
Q&A:3件
コラム:607件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

h1などの見出しタグのフォントサイズ

法人・ビジネス ホームページ・Web制作 2008/12/16 11:19

h1などの見出しタグのフォントサイズを小さくしすぎるとスパム扱いになると言われいますが、このサイズ以上は大丈夫でこのサイズ以下はスパム扱いになるという明確な数値はあるのでしょうか?

pure hateredさん ( 東京都 / 男性 / 33歳 )

横田 秀珠 専門家

横田 秀珠
Webプロデューサー

- good

細かい数字に振り回されず、コンテンツの充実を

2008/12/16 20:04

はじめまして、イーンスパイアの横田です。

確かに気になることだと思います。
キーワードの出現率も5%が良いとか、今は4.5%だとは話題になります。

今回のh1タグの大きさも同様だと思いますが
仮に9pxはOKで、8pxがダメだとすると
それをホームページを見ている人にとって
9か8かで問題は起きるでしょうか?

検索エンジンは有益な情報で満足するサイトを
上位に表示し、ユーザーに喜んでもらうためにあります。

となると、文字サイズの細かい違いは大きな問題ではありません。

人の目で見て問題ないようであればOKです。
あくまでもロボットの目を騙す行為がNGな訳です。

結論から言うと、数字では決まっていません。


h1タグは大見出しタグですから
その使い方を間違わないようにしていれば問題ありません。

細かい数字に振り回されるのでなくて
それよりも有益なコンテンツを充実させて増やすことに
注力しましょう。

ご参考になれば幸いです。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム