佐々木 保幸(税理士)- Q&A回答「無申告加算税の計算」 - 専門家プロファイル

佐々木 保幸
贈与、遺言・遺産分割・相続税対策なら京都・税理士法人洛まで

佐々木 保幸

ササキ ヤスユキ
( 京都府 / 税理士 )
税理士法人 洛 代表
サービス:0件
Q&A:540件
コラム:135件
写真:0件
075-751-6767
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ

無申告加算税の関税の出し方について

マネー 税金 2009/06/27 13:01

関税法代7条の16第2項による決定がされたとき、納税義務者にたいして無申告加算税が課せられた場合。納付すべき税額が355,000円である場合で、当該税額に無申告加算税が課せられる場合の納付すべき無申告加算税の税額はいくらか。

答 355,000×0.15=53,250
だと思ったのですが、
答 52,500となっています。何故でしょうか。

blueblueさん ( 山口県 / 女性 / 21歳 )

無申告加算税の計算

2009/06/27 19:00

無申告加算税の計算の基礎となる税額に1万円未満の端数があるとき又はその税額が1万円未満のときは、その端数又はその全額を切り捨てて計算します。
また、無申告加算税に100円未満の端数があるとき又無申告加算税が5,000円未満であるときは、その端数又はその全額を切り捨てて計算します。

355,000→350,000(1万円未満切捨て)
350,000×15%=52,500円(100円未満切捨て)

プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム