佐々木 保幸(税理士)- Q&A回答「税務署からの問い合わせ」 - 専門家プロファイル

佐々木 保幸
贈与、遺言・遺産分割・相続税対策なら京都・税理士法人洛まで

佐々木 保幸

ササキ ヤスユキ
( 京都府 / 税理士 )
税理士法人 洛 代表
サービス:0件
Q&A:540件
コラム:135件
写真:0件
075-751-6767
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ

海外からの自己預金の取り寄せ

マネー 税金 2009/06/16 15:48

こんにちは。
1997年から2002年まで海外に在住(会社からの駐在)し、そのさいにドルでもらっていた給料の一部を預金したままにしてあり(1000万円超)、それを、昨年日本の口座に移したところ、税務署から問い合わせがきて驚きました。
この事情で課税はされるのでしょうか?
(当方一般企業のサラリーマンです)

tomchin1966さん ( 愛知県 / 男性 / 43歳 )

税務署からの問い合わせ

2009/06/17 23:02

国内外への送金(国外送金等)について、銀行などの金融機関は、その国外送金等の金額が一定額以上の場合、氏名、住所、送金金額など一定の事項を記載した「調書」を税務署に提出することとなっています。その調書に基づいて、問い合わせが届いたのでしょう。何か特別に疑いをもって問い合わせてきたものではなく、一般的な確認のための問い合わせのように思いますが。

ご質問の内容から、tomchin1966さんが移転させた預金はすでに国外で課税されていますので、あらためて国内で課税の対象とされることはないでしょう。ありのままに回答して提出されればよいと思います。

プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム