斉藤 進一(建築家)- コラム(240ページ目) - 専門家プロファイル

斉藤 進一
介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

斉藤 進一

サイトウ シンイチ
( 埼玉県 / 建築家 )
やすらぎ介護福祉設計 代表
Q&A回答への評価:
4.5/133件
サービス:0件
Q&A:403件
コラム:2,424件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

コラム一覧

2424件中 2391~2400件目RSSRSS

高齢者のための施設 2

前回に引き続き老人福祉施設についての特徴をご紹介します。 1.老人福祉施設 5)老人デイサービスセンター  在宅介護を受けている高齢者に対して、送迎用リフトバスなどを用いた通所利用や、施設側の在宅訪問により、入浴・食事の提供・機能訓練などの便宜を提供する施設。 6)老人短期入所(ショートステイ)施設  介護者の疾病などの理由で在宅介護が一時的に困難になった場合に、高齢者が短期間入所できる設備...(続きを読む)

2006/07/08 00:03

高齢者のための施設

社会的入院を減らす方針から施設における役割が重要になってきます。 しかし、一般の方には施設の名称と特徴がわからない方が多いので、区別してみました。ご参考にどうぞ。 1.老人福祉施設 1)特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)  常時介護を必要とし、自宅で介護を受けられない高齢者を入所させることにより、入浴・食事の提供・機能訓練などの便宜を提供する施設。 2)ケアハウス(介護利用型軽費老人ホ...(続きを読む)

2006/07/07 03:30

住宅講座(地震編)報告

住宅講座(地震編)報告 去る5/8に草加市高年者福祉センター「ふれあいの里」にて住宅講座(地震編)を開催いたしました。 家具の正しい固定法などビデオ映像を交えての講義となりました。 お越しいただいた方々のご清聴感謝いたします。 先日もジャワ島で震災による被害がでましたが、みなさんのお住まいの住宅の対策は大丈夫でしょうか? ご不安な方は国土交通省監修による「わが家の耐震」簡易診断チャートお...(続きを読む)

2006/05/30 23:00

講座案内(地震編)

講座案内(地震編) 来月5月8日に埼玉県草加市にある高年者福祉センター「ふれあいの里」にて住宅講座を開催致します(無料です)。 テーマ 第1回目 「地震災害への備え 出来ていますか?」 日時・時間  平成18年5月8日(月)13:30より(約1時間) 場所  ふれあいの里(多目的室) 埼玉県草加市新里町106-6  048-920-6222 内容 ・地震の特...(続きを読む)

2006/04/30 06:00

バリアフリー検証その2

バリアフリー検証その2  お年寄りや障害を持たれた方の住環境改善が少しづつ浸透しつつありますが、次のテーマは「外出」ではないでしょうか?先日、近くに東日本最大とされるショッピングセンターがオープンしたので行って参りました。個人活動ではありますが、各視点での報告を致します。  店舗に入ると早速トイレへ。出入り口は手動の引き戸で設備は一通り揃ってますが、洗面台と鏡の配置が 車いす使用者には使いづらいと思います。また、...(続きを読む)

2006/04/30 05:00

バリアフリー検証

バリアフリー検証 今日の午前中は彩の国バリアフリー協会の建築士グループで、埼玉の某デパートのリニューアル工事の完了確認に行ってきました。 車いす使用者用の駐車場やバリアフリー化されたトイレなどの使い勝手をデパートの社員さん達と検証する大がかりな活動となりました。 午後からの懇親会を一人抜け出し次は地元の高年者福祉センターへ! センター専属の医師による「健康講座ー血圧についてー」を約30分聴講...(続きを読む)

2006/04/15 18:17

安心住まいのキーポイント(その五)

今回は、8.尿失禁の住環境対策についてお送りいたします。 ・尿失禁 尿失禁には切迫性(男性に多い)と腹圧性(女性に多い)などが挙げられます。 切迫性は尿意をもよおしてから、トイレまでの距離があったり衣服の脱衣に時間がかかり間に合わず失禁してしまうものなので、  トイレを寝室に隣接  動線を直線にする  照明スイッチにホタル球(暗闇で補助灯がつく)を使...(続きを読む)

2006/03/26 00:02

安心住まいのキーポイント(その四)

今回は、6.白内障 7.脱水症状 の住環境対策についてお送りします。 ・白内障 実は私は30歳後半にして緑内症と診断され点眼治療をしています。正常な眼圧ですが近視の度数が強いのが原因だそうです。この症状は治らないので、現状を維持し生涯上手く付き合っていかなければなりません。 一方、白内障になる方はお年寄りに多く手術で治る疾病ですが、光るものや眩しさに弱いので、室内の床...(続きを読む)

2006/03/22 00:02

安心住まいのキーポイント(その参)

今回は、4.リュウマチ 5.認知症の方の住環境ポイントをお送りします。 ・リュウマチ 最近総合病院に見える年配の方のうち、内疾患以外の患者さんのほとんどはリュウマチのリハビリ待ちと言われるほど身近な疾患です。 症状で一番多いのはヒザ関節の痛みで、次に腰痛・肩関節・首などが挙げられます。 立ち座りが苦痛になることから、生活様式を洋式にすることをオススメしますが...(続きを読む)

2006/03/19 00:02

安心住まいのキーポイント(その弐)

今回は2.浴槽内の溺死・事故 3.脳血管疾患による身体麻痺の方への住環境ポイントをお送りします。 ・浴槽内の溺死、事故への対策  訪問介護を受けている方の不満の一つに入浴サービスが週1−2回しか利用出来ないという声を聞きます。もっとお風呂に入りたいと熱望されるほど、日本人は風呂好きで特に年配の方ほどその傾向は強いです。 浴槽は装飾ではなく機能性を求めましょう! ...(続きを読む)

2006/03/15 00:04

2424件中 2391~2400件目

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム