伊藤 裕啓(一級建築士)- Q&A回答「構造部分の劣化状況を確認しましょう」 - 専門家プロファイル

伊藤 裕啓
安心・安全・快適な暮らしのお手伝い

伊藤 裕啓

イトウ ヤスヒロ
( 兵庫県 / 一級建築士 )
住まいのe-相談室(株式会社伊藤建築コンサルタント) 代表取締役
Q&A回答への評価:
4.6/24件
サービス:2件
Q&A:35件
コラム:43件
写真:3件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

築25年重量鉄骨造りの家の購入を迷ってます

住宅・不動産 住宅設計・構造 2012/12/17 12:01

築25年重量鉄骨造りの30坪2階建て住宅の購入を検討中です。丁寧に使われていること、床材、など材料は良質なものを選んでおられるようですが、ただ築年数がかなりたっているので、手を入れなければならない時期、耐用年数等が気になります。解体するとなるとかなりな費用だとも聞いたので、子供(14歳)にまで引き継げるのかも心配です。回答いただければ幸いです。

laviさん ( 大阪府 / 女性 / 45歳 )

構造部分の劣化状況を確認しましょう

2012/12/17 16:24
( 5 .0)

住まいのe-相談室 建築士の伊藤です。
築25年の重量鉄骨造の家の購入を検討されているのですね。
建物はどのような構造であっても構造部分の劣化があると安全・安心・快適に住み続ける事ができません。そういう意味では不動産広告でよく見る「リフォーム済み」「綺麗にお使いです」という紹介文は役に立たない事になります。

鉄骨造の建物の主な劣化としてはサビの発生、雨漏りがあります。また1階の床が木造の場合、シロアリ被害を受けている事もあります。特に屋上のある建物の場合は漏水に注意しなければなりません。

築年数だけを考えるとまだ十分使えそうですが、まず劣化状況を確認してはいかがでしょうか。調査は原則目視で行うのですが劣化以外に建物の傾斜等まで確認すれば購入の可否を判断する材料となります。コストが発生しますが専門家の判断は参考になると思います。
また建築設計図書、確認申請図書等がそろっていればより良いと言えます。

評価・お礼

lavi さん

2012/12/19 16:01

ご回答ありがとうございました。シロアリまで気が付きませんでした。
大変参考になりました。

伊藤 裕啓

2012/12/20 18:08

評価いただきありがとうございました。
鉄骨造、鉄筋コンクリート造はシロアリの被害は関係ないと思われがちですが、床組が木造である場合は被害を受けているケースがあります。室内から見るだけだとわからないかもしれません。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真