祖父江 吉修(ファイナンシャルプランナー)- Q&A回答「文面から分かる範囲でお答えいたします。」 - 専門家プロファイル

祖父江 吉修
FP&COACHING(コーチング)であなたの夢の実現を応援します

祖父江 吉修

ソブエ ヨシノブ
( 愛知県 / ファイナンシャルプランナー )
FP&COACHING 代表
Q&A回答への評価:
5.0/2件
サービス:1件
Q&A:3件
コラム:48件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
080-8760-0891
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

親の相続

人生・ライフスタイル 遺産相続 2010/06/02 00:58

私の母親の兄が相続金としてみなされるはずの家を売ったお金を実際として分配せず、「使う時がきたら各々が申告して使うことにしよう」と一箇所に管理することを提案し私の母親も同意しました。しかし、そのお金をすべて自分の仕事に使ってしまいました。それはもう十年以上も前の事になるのですが、この場合、今になって申告しても時効が成立してしまい私の母には今や分割されないものなのものでしょうか?この場合、基より相続はされていないとみなされるものなのか、あるいは相続したもののたまたま一箇所に管理したいたにすぎない事になるのでしょうか?後記の場合、明らかに時効は成立せず債務になると思うのですが、前記の場合ですと知っているのに関わらず分割を求めなかったとして時効が成立するもののような気もします。

また母親はあまり兄との関係を重んじ、取り立てる気がありません。不謹慎な話しですが、私の母親が将来、亡くなった時に母親の兄、もしくは兄が亡くなった場合、その子に債務として私が取り立てる事は可能なのでしょうか?素人ながら分割はされたものの一箇所で管理していただけなら勝手に使った時点でそうみなされるものだと思いますが実際としてはどのようなものなのでしょうか?乱文すみません。よろしければお教え頂ければ幸いです。

補足

2010/06/02 00:58

大変つたなく恐縮の限りです。

家は基より私の母親の親が名義になります。母親には兄、妹がいて三人兄弟です。母親の親がなくなり三人兄弟の協議の結果、家を売却したそのお金を遺産として三人で分割する予定でしたが、母親の兄が全額を無断で事業に使ってしまいました。短絡的に申せばそういうことになります。母親の兄には三人の子供がいます。仮に私の母親と母親の兄がなくなった場合、母親の兄の子供から取り立てることはできるのかがお尋ねいたしたいところになります。

aki2034さん ( 埼玉県 / 男性 / 38歳 )

祖父江 吉修 専門家

祖父江 吉修
ファイナンシャルプランナー

3 good

文面から分かる範囲でお答えいたします。

2010/06/02 23:10
( 5 .0)

名古屋で「相続おたすけネットワーク」のメンバーとして活動しております、ファイナンシャルプランナーの祖父江と申します。

「相続おたすけネットワーク」
http://www.souzoku-otasuke.net/

上記の質問に対する回答ですが、10年以上も前ということなので、基本的には時効になっていると思われます。しかしながら、時効は債務者(お兄さん)が「これは時効である」と意思表示をしなければ成立しません。逆に債務者(お兄さん)が相続したお金の件を「承認(支払うことを意思表示してくれること)」してくれた場合は、時効は成立しないこととなります。よって、ここのところは、お兄さんの出方あるいは交渉ということになります。

また、「相続金としてみなされるはずの家を売った」という点が「相続された家を売却した」ということでしたら、正式に相続がなされているのではないかと考えられます。どのように分割されたかを確認するには、法定相続分通りに分けられていないようでしたら「遺産分割協議書」を確認されるのがよいのではないかと思いますが、お母さんのお手元に控えはあるでしょうか?無ければ、法務局で「利害人からの閲覧」ということで協議内容を確認することができます。

後段の、「お母さんが亡くなった時」、「お兄さんが亡くなった時」ですが、「お母さんが亡くなった時」は、aki2034さんがお兄さんに請求できますが、この場合も最初に書きましたように、お兄さんが「時効成立の意思表示」をするか「支払いを承認」するかどうかです。
また、「お兄さんが亡くなった時」はそのお子さんに請求することはできますが、そのお子さんが時効の期間も引き継ぎますので、同様に「時効成立の意思表示」をするか「支払いを承認」するかどうかになります。
あるいは、そのお子さんが「相続放棄」などをした場合は、請求できないこととなります。

以上、一般論にはなりますが、ご質問の主旨に従って回答させていただいたつもりです。しかしながら、いずれにしろ、aki2034さんとお母さんとで、お兄さんと一度話し合いの機会をもたれてはいかがでしょうか。

評価・お礼

aki2034 さん

わかりやすくお答えいただき、誠にありがとうございます。ネットなどで私なりに調べたところ、母親が相続人の権利を永久的に有するに関わらず、時効という概念もまたあるというところが理解に苦しむところで質問させていただきました次第です。また何かありましたらお力添え頂ければ幸いでございます。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム