千田 純子(獣医)- Q&A回答「老犬の留守番」 - 専門家プロファイル

千田 純子
科学的な理論を基に人と動物が共生できる方法を提案します。

千田 純子

センダ ジュンコ
( 千葉県 / 獣医 )
ペット行動コンサルタントSENDA 
Q&A回答への評価:
4.5/81件
サービス:6件
Q&A:256件
コラム:14件
写真:1件
お気軽にお問い合わせください
080-4002-8745
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

老犬の留守番

2021/02/28 12:58

18歳のパピヨンです。
3ヶ月前に、初めててんかん発作を起こしました。3日後にも発作を起こし薬の治療を始めました。その後、留守番をさせないように経過観察をしていましたが、得に問題なく穏やかに生活しています。もう高齢だからと思い私も覚悟を決めて家に居る生活に切り替えましたが、経過も順調で得に介護ということもなく、もう少し元気でいてくれそうなので、2.3時間くらいなら外出してもと思うようになりました。
2.3回、カメラを付けて留守番を試して見ましたが、犬小屋(サークル)の戸の前で1時間以上座って待っているので、外出しても気になってしまい帰宅しました。発作が起きる以前は4.5時間の留守番でした。(カメラで見たことはありませんが…)
完全に介護となったら、徹底して家にと思いますが、てんかん発作は先が読めず、とりあえず薬も効いるようなので、まだ半年から1年くらい元気であれば、そこまで徹底して家にと決めなくてもと、何がいいのか分からなくなりました。
1日2.3時間外出出来るといいのですが、サークルに入れないほうがいいでしょうか?
それとも、サークル内の留守番をもう1度慣らしたほうがいいでしょうか?
それとも、外出は1時間くらいにする、又は可能な限り家に居ると決めたほうがいいでしょうか?
よろしくお願いいたします。

まるまるまるこさん ( 北海道 / 女性 / 46歳 )

老犬の留守番

2021/02/28 15:27
( 5 .0)

18歳のパピヨンですか、ご立派です!

我が家のパピヨンも、数年前17歳と11ヶ月で旅立ちました。突然全く食べなくなって、5日で逝きました。それまで、食事の前には要求吠えをし、普通に食事をし、庭を元気に歩き回っていた(徘徊ですが、)ので、20歳まで生きると思っていたのですが。。。

その時がいつ来るのか全く予想がつかないものです。なので、その時を待って、飼い主さんが外出できないと、介護が辛くなってきます。しかし、目を離しているときにてんかんなどの発作が起きて、落ちたり、怪我がすることのないように、ある程度の広さをサークルで囲って安全な場所を作っておいた方が良いでしょう。そういう場所に慣らしておくことも大切かもしれません。

我が家は、ラブラドールなどがいて、他の犬や猫から守るために、目が悪くなってからはパピヨンはサークルで生活していましたので、介護状態になっても、家族の生活は変わりませんでした。食事を取らなくなってから、娘や息子が変わるがわる帰ってきて、世話をしていましたが、たまたま誰もいない時に旅立ちました。きっと誰かがいると旅立ちにくかったのだろうと思います。

その時はいつ来るかわかりません。介護が長引いた時に、飼い主さんが辛くならないように、飼い主さんの生活が窮屈にならないように環境を整えてあげれば良いと思います。

評価・お礼

まるまるまるこ さん

2021/02/28 23:10

ありがとうございます。こういう事は、専門家や経験者のお話が頼りです。色々工夫して自分の生活も守りつつ愛犬に寄り添い見守っていきたいと思います。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真