山本 治(歯科医師)- コラム「(写真)すきっ歯と歯の黄ばみを治して綺麗な口元にしたい」 - 専門家プロファイル

山本 治
大阪梅田駅徒歩3分。「歯のエステ」25年の技術で応えます

山本 治

ヤマモト オサム
( 大阪府 / 歯科医師 )
医療法人審美会ウメダデンタルクリニック 院長
Q&A回答への評価:
4.6/16件
サービス:0件
Q&A:54件
コラム:386件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

(写真)すきっ歯と歯の黄ばみを治して綺麗な口元にしたい

- good

審美歯科、矯正歯科の質問と回答 すきっ歯、正中離開(せいちゅうりかい)、空隙歯列 2013-12-16 19:00

すきっ歯と歯の黄ばみを治して綺麗な口元にしたいんですが、どうしていいかまったくわかりません。期間や値段、地元の歯科でも出来るのか、専門の歯科に行った方がいいのか知りたいです。

【回答】
画像を拝見しますと正中に2~3ミリの歯間離開が確認できます。
また、左上2番の先天欠損、さらに右上2番に矮小歯(小さく尖った奇形歯の一種)がみられます。
このケースで理想的な治療法は部分矯正とラミネートベニア法の併用治療となります。

まず、上の歯だけの部分矯正で中心の隙間を閉じ(期間は3~6ヶ月)、右2番の両隣接にスペースを作ります。
そのスペースをラミネートベニア法(2回の通院)で閉じれば完了となります。
同時に左上3番にもラミネートベニアを施し、形態を改善すれば審美的にもバランスのとれた歯列を得ることができます。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム