山本 治(歯科医師)- コラム「(写真)前歯の2~3ミリの隙間」 - 専門家プロファイル

山本 治
大阪梅田駅徒歩3分。「歯のエステ」25年の技術で応えます

山本 治

ヤマモト オサム
( 大阪府 / 歯科医師 )
医療法人審美会ウメダデンタルクリニック 院長
Q&A回答への評価:
4.6/16件
サービス:0件
Q&A:54件
コラム:386件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

(写真)前歯の2~3ミリの隙間

- good

審美歯科、矯正歯科の質問と回答 すきっ歯、正中離開(せいちゅうりかい)、空隙歯列 2013-11-12 15:36

【質問】
前歯のすきっぱで悩んでいます。
全体的にすきっぱなのですが前歯だけ治したいと思っています。
どの治療法が良いのでしょうか。出来る限り治療費は抑えたいです。


【回答】
画像を拝見しますと下の歯列はほぼキレイに並んでいるようですが、上の正中に2~3ミリの歯間離開が見られます。
このケースで考えられる治療法は、上だけの部分矯正または前歯2本のラミネートベニア法となります。

歯列矯正は歯に直接装置を取り付け、歯を移動させながら歯並びを整えていきます。治療期間は6ヶ月~1年で費用は40万円前後となります。歯を削らずに治療できるのが大きな特徴です。

また、ラミネートベニア法で施術した場合の期間は最短2回の通院で済み、費用は1本につき94.500円となります。この方法は歯の表面を僅か(約0.5ミリ)に削り、そこにセラミックで製作されたシェルを接着することで、主に歯の隙間や色等を改善します。耐久性や強度に加え審美性にも優れ、痛みもなく自然な感じに仕上がるのが特徴とされています。

治療費を抑えたい治療法となれば、後者のラミネートベニア法を選択すると良いでしょう。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム