大黒たかのり(税理士)- Q&A回答「単身赴任の場合なら可能性が。」 - 専門家プロファイル

大黒たかのり
資産運用と節税のことならお任せ下さい。運用会社出身の税理士。

大黒たかのり

オオグロタカノリ
( 東京都 / 税理士 )
大手町会計事務所 代表税理士
Q&A回答への評価:
4.7/141件
サービス:14件
Q&A:331件
コラム:967件
写真:27件
お気軽にお問い合わせください
03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

住宅減税の最適用についてなのですが教えてください。

マネー 税金 2009/02/28 04:47

住宅減税について教えてください。
13年の11月に家を新築いたしました。
14年の3月まで入居していたのですが、転勤により海外へ引っ越しとなりました。その後日本へ戻って17年の3月末からまた入居したのですが、やはり住宅減税には当たらないのでしょうか?日本ではここしか住んでいないのです。一度も日本へ戻ってきてもいないのです。
15年4月からの転勤については、減税の対象になるように説明を読んだのですが…。なんとか適用していただく方法はないものでしょうか?
お願いします。
※ちなみに昨年住宅ローンを住宅金融公庫から銀行へ借り換えをしました。

たたかあさん ( 青森県 / 男性 / 42歳 )

単身赴任の場合なら可能性が。

2009/03/01 15:18

たたかあさん
こんにちは。税理士の大黒崇徳です。

住宅ローン控除は、居住者が住宅を取得し、引き続き居住の用に供していることが要件となっていますが、海外転勤でやむをえない場合でも引き続き適用できるケースもあります。

その海外転勤中も引き続き居住している生計一の親族がいる場合です。
海外勤務期間中は、住宅ローン控除の適用を受けることはできませんが、帰国後、その親族と居住することとなったときは、居住者となる年以後の年について、住宅ローン控除を受けることができます。

平成15年4月1日以後に海外転勤になった場合は、家族全員で赴任した場合でも一定の要件の元、帰国後、住宅ローン控除が受けられるのですが、平成15年3月31日までの海外転勤で家族全員が赴任した場合は、残念ながら帰国後、その住宅に住んでいても住宅ローン控除を受けることはできません。
平成15年は、住宅ローン控除についての取扱いの法改正があった年で転勤日によってこのような取扱いとなってしまっています。

もし、ご不明な点がありましたら遠慮なくご連絡下さい。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真