平松 徹(社会保険労務士)- Q&A回答「問題ありません。」 - 専門家プロファイル

平松 徹
役に立ってなんぼの経営コンサルタントです。

平松 徹

ヒラマツ トオル
( 千葉県 / 社会保険労務士 )
株式会社 ソフィア 所長
Q&A回答への評価:
4.6/124件
サービス:0件
Q&A:241件
コラム:0件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

贈与税

人生・ライフスタイル 遺産相続 2015/12/28 23:03

20年ほど前に義父が退職金の一部700万円程を主人の名義で定期貯金をしました。ただ、印鑑も義父のもで、主人は知らないことでした。
そのような定期預金があることを3年ほど前に初めて知らされました。
それからは、将来孫の教育費に使うようにと、その定期預金から年間に110万円にならないように不定期に私と孫2人(中2、小6)にくれたものを、それぞれの印鑑で通帳に入金しています。一部は定期預金にもしています。
ただ、贈与契約書は作成していません。
これって義父が亡くなった場合問題になりますか?
義母は健在で主人は一人っ子なので、相続の対象者はこの二人になります。

キャサリン001さん ( 長野県 / 女性 / 47歳 )

平松 徹 専門家

平松 徹
社会保険労務士

- good

問題ありません。

2015/12/29 10:47
( 4 .0)

行政書士の平松です。

110万円以内ですので、問題ありません。
ただ、贈与契約書は作成しておいたほうが良いですね。

ご主人への贈与ではないので相続のときの生前贈与の規定に触れることもありません。

また何かありましたら、気楽にご相談ください。(^O^)/

評価・お礼

キャサリン001 さん

2015/12/29 21:58

明確な回答ありがとうございました。
やはり、贈与契約書は作成しておいたほうが良いのですね。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&A