高橋 昌也(税理士)- コラム「維持コストと収益のバランス」 - 専門家プロファイル

高橋 昌也
「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

高橋 昌也

タカハシ マサヤ
( 税理士 )
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
サービス:0件
Q&A:0件
コラム:4,452件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

維持コストと収益のバランス

- good

経営 経営実践 2021-09-17 07:00

おはようございます、今日はイタリア料理の日です。
野菜の美味しさが目立っているかな、という印象です。


自著『高校生からはじめる投資のはなし』について。
動画配信もはじめました!


オンライン時代の到来により、収益物件という言葉の意味が変わってきていることについて。
自宅の一室で、ここまで様々な活動をすることができる時代が、こんなに早く来るとは思いませんでした。


当然のことながら、拠点を有するに当たっては、維持コストの発生を見過ごすことはできません。
賃貸であれば賃借料が、所有であれば税金や修繕費、金利負担がかかります。


「賃貸か所有か?」
この議論は、ぶっちゃけて言えば永遠の平行線だと思っています。
どちらにも正しさがあるので、自分が好きな方、信じる方に従って生きていけばよいと思います。


その上で、これまで多くの人にとって、不動産というのは「住むためのもの」に限定されていました。
それが「住まいであり、仕事場でもある」ことが、それほど珍しくなくなっています。
この変化は、不動産に対する考え方を根本から揺さぶるくらい大きな変化だと感じています。


いつもお読み頂き、ありがとうございます。

プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスコラム