辰巳 喜代次(住宅設備コーディネーター)- Q&A回答「ご回答」 - 専門家プロファイル

辰巳 喜代次
ライフスタイルに応じた最適な給湯器・ガスコンロをご提案します

辰巳 喜代次

タツミ キヨツグ
( 奈良県 / 住宅設備コーディネーター )
株式会社タツミ 代表取締役
Q&A回答への評価:
5.0/1件
サービス:0件
Q&A:5件
コラム:0件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
0744-32-5482
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

オ-ル電化

住宅・不動産 住宅設備 2008/11/29 17:21

最近「新築住宅」或いは「リホ-ム」等に、オ-ル電化の
利便性、経費の節減が、表示されてますが、
電化と「LPガス、都市ガス」との比較がよくわかりません。

過去に発電力不足「節電」と言われ「宅内コンセント」抜け・・
発電能力は? 問題無いですか?
又災害時に長期停電、どうすれば良いですか?

kmue70さん ( 静岡県 / 男性 / 77歳 )

辰巳 喜代次 専門家

辰巳 喜代次
住宅設備コーディネーター

- good

ご回答

2009/03/14 09:49

おはようございます。
ご質問ありがとうございます。

オール電化のメリットは、ランニングコストの安さです。
深夜電力を利用して、お湯を貯湯タンクに蓄えておくので、コストが安く付きます。
しかしながら、初期投資のコストがガス機器に比べると割高となってるのが現状で、
「イニシャルコスト(初期コスト)+ランニングコスト」を合算して、耐用年数(約10年?)
で計算するとCM等で言われている様な安さにはなりません。
あくまで「ランニングコスト」でのお話なのです。

災害時の復旧の早さに関しては、ケースバイケースで変わってくると思われます。
電気とプロパンガスが比較的早く普及する傾向にあります。
プロパンガスは、現在、各世帯にマイコンメーターが付けてあり、常時ガス漏れが無いか
監視しています。万が一、地震が発生すると、震度5以上で自動的にガスを遮断します。
その後、メーターの復旧ボタンを押すことで、漏れがないかを再確認し、漏れがなければ
使用することが可能です。コンロは乾電池で動いている物が主流ですので、ガスが復旧すれば
使用可能です。最近、100V 電源が必要なタイプのコンロもありますが、非常時用に「乾電池ケース」というのが販売されており、それに乾電池を入れ、接続することで応急的にコンロの使用が
可能となっております。

ご参考までに。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&A