中村 雅子(建築家)- Q&A回答「省エネルギーはまずは断熱性」 - 専門家プロファイル

中村 雅子
街並みや生活スタイルから“建築”のあるべき姿を見つけます

中村 雅子

ナカムラ マサコ
( 東京都 / 建築家 )
株式会社タジェール 建築家・インテリアデザイナー
Q&A回答への評価:
4.4/27件
サービス:1件
Q&A:93件
コラム:396件
写真:18件
お気軽にお問い合わせください
03-5305-2773
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

高齢化に備えたリフォームについて3点質問です

住宅・不動産 リフォーム・増改築 2007/04/06 20:37

3点質問させていただきます。建坪30坪、築30年の木造二階建ての一戸建てですが、両親の高齢化に備えリフォームを検討中です。?壁・屋根塗り、増築などのリフォームを10年単位で行っており、比較的丈夫だと思いますが、今後30〜40年持たせることは可能でしょうか? ?ヒートポンプ式オール電化(リビングの温水式床暖房含む)を検討中です。現在光熱費は月平均で電気(50A)8500円、ガス12000円。冬場は電気13000円、ガス27000円です。電気館では、エコキュートにすると月平均12780円になるとききました。しかし日中、リビング以外の部屋で冷暖房を使用する家族もおり、深夜電力による節約効果がそれほど見込めるのか不安です。正確にコストシミュレーションする方法はあるでしょうか。?リフォームの範囲は、リビングと和室をぶち抜き、将来1階でも寝起きできるスペースを作るまでを考えています。オール電化にする場合、同時に風呂やトイレのリフォームもしておかなくて大丈夫でしょうか。 以上、色々質問して申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

kappa1582さん ( 神奈川県 / 女性 / 38歳 )

省エネルギーはまずは断熱性

2007/04/06 22:56
( 4 .0)

こんにちは。タジェールの中村です。

お答えいたします。
まず、シリーズにも書いていますが

?築30年の建物は新耐震設計(1981年に建物の構造基準が変わった)
前なので、30年以上持たせる為には
耐震補強の可能性があります。

?そうですね。エコキュートは夜活動する方でないと
効果が期待できません。
・光熱費(電気・ガス・水道・灯油・など)の合計が
''2.000円/?/年だと省エネ''という目安があります。                         
水道の金額を仮に5.000円/月
30坪=100? 冬を12〜2の3ヶ月とすると
3.000円/?少し高いですね。

まず''省エネルギーの実現は建物の性能''です。
''断熱性(壁・開口部・屋根・床下)''
をきちんとしないと 幾ら試算しても
コストシュミレーションは正確に出ません。

?木造の壁や柱を取り除くには信頼のおける専門家に
現地を見てもらってからとして下さい。
頂いた内容だけでは 大丈夫とはいえません。

ご考察を。

?タジェール 中村雅子
                      

評価・お礼

kappa1582 さん

お忙しい中早速のご回答ありがとうございました。断熱性を考慮した上で慎重に検討させていただきます。壁や柱は部屋の半分までを取り払うつもりでしたが、思っていた以上に耐震性に気をつけたほうがよいように思いました。見積もり依頼先は以前よりリフォームを施工してもらっていたところですが、改めて上記を確認してみようと思います。ありがとうございました。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真