滝山 博行(鍼灸師)- Q&A回答「鍼灸治療をお勧めします。」 - 専門家プロファイル

滝山 博行
あきらめないで!その痛み。鍼灸(温灸)治療で慢性症状も改善へ

滝山 博行

タキヤマ ヒロユキ
( 神奈川県 / 鍼灸師 )
鍼 覚王院 シャローム治療室 院長
Q&A回答への評価:
4.5/108件
サービス:0件
Q&A:286件
コラム:111件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
045-561-2856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

二の腕の痛み

心と体・医療健康 マッサージ・手技療法 2007/06/12 00:38

31歳・男です。草野球で投手をしています。試合は月に1回程度で、それ以外はほとんどボールを握ることはありません。
試合で投げていると、いつも二の腕に痛みが出てきてしまい、試合の終盤は痛みで速いボールが投げられません。痛くなる箇所は、いわゆる「力こぶ」と呼ばれる筋肉ではなく、その両側についている筋肉です。鈍痛っぽいですが、ずきんずきんしてかなり辛いです。自分の場合、肩や肘は痛くなることはありません。どうして二の腕が痛くなるのでしょうか?
普段のトレーニングで予防できるものでしょうか?

rearspoさん ( 北海道 / 男性 / 31歳 )

鍼灸治療をお勧めします。

2007/06/12 20:59
( 3 .0)

ご質問ありがとうございます。

このような痛みは患部周辺の筋肉疲労、血行障害が速やかに改善されないで起こるものです。

これは患部周辺の筋肉のレベルが非常に低下しているためです。
投げている途中から、次第に痛みが増してくるということでも明らかです。

患部周辺は呼吸器と消化器が関係している領域です。肺と腸は密接な関係があります。
喘息、花粉症、アレルギー性鼻炎の治療に、腸の治療を先行させる理由がここにあります。

鍼灸治療で簡単に治りますが、ご自分でも腹巻をしたり、生野菜や果物を控えて、日頃から体を冷やさないようにしてください。

足のツボや患部とは反対側のツボに刺激を与え、患部には刺さない鍼や温灸を組み合わせて、鍼灸治療をします。

恐らく、治療に見えるときは痛みがないときでしょうから、脈診が威力を発揮するわけです。

評価・お礼

rearspo さん

アドバイスありがとうございます。鍼灸治療というのは意外でしたが、そういったアプローチもあるのですね。参考になりました。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム