滝山 博行(鍼灸師)- Q&A回答「痛みは体の注意信号です。」 - 専門家プロファイル

滝山 博行
あきらめないで!その痛み。鍼灸(温灸)治療で慢性症状も改善へ

滝山 博行

タキヤマ ヒロユキ
( 神奈川県 / 鍼灸師 )
鍼 覚王院 シャローム治療室 院長
Q&A回答への評価:
4.5/108件
サービス:0件
Q&A:286件
コラム:111件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
045-561-2856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

左肋骨内側と、左肩から肩甲骨がたまに鈍痛

心と体・医療健康 体の不調・各部の痛み 2008/02/21 18:48

今までこのような部位、痛みを感じたことがありません。1晩寝ても良くならず、翌日も痛みがあります。常に痛いわけではなく、痛くない時間もあります。肩の凝りかと思い、揉んでも良くならず、余計に痛くなることがあります。

りみさん ( 静岡県 / 女性 / 36歳 )

痛みは体の注意信号です。

2008/02/22 13:36

ご質問ありがとうございます。

肋骨内側の鈍痛は風邪による肋間神経痛と思われます。
勿論、左肩から肩甲骨にかけての鈍痛も風邪のコンディションで起こるものですが、大元は婦人科系の冷えが原因しています。

この類の症状は冷えに対して敏感に反応するので、入浴やシャワーだけでも、上半身を濡らすのは厳禁です。直後、急速に冷えるからです。

マッサージなど揉んだりするのも悪化します。
これは筋肉中の新陳代謝が悪くなっているためで、むしろ擦るようなマッサージで毛細血管の流れをよくすることが肝心です。
無闇に揉んだりすると筋肉中の老廃物を撹拌してしまい、新陳代謝をなお損ねることになります。

お腹を冷やさないことと半身浴で、上半身は濡らさないことです。
半身浴もTシャツを着たままで、発汗するくらい下半身を温めます。
上半身の乾布摩擦はとても効果的です。

どうぞお大事にしてください。

**************************************
鍼 覚王院 シャローム治療室
         院長  滝山 博行

〒223-0062 横浜市港北区日吉本町1-24-16
TEL 045-561-2856 FAX 045-561-2891
E‐mail info@hari.gr.jp
URL http://www.hari.gr.jp
**************************************

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム