滝山 博行(鍼灸師)- Q&A回答「自分で治す」 - 専門家プロファイル

滝山 博行
あきらめないで!その痛み。鍼灸(温灸)治療で慢性症状も改善へ

滝山 博行

タキヤマ ヒロユキ
( 神奈川県 / 鍼灸師 )
鍼 覚王院 シャローム治療室 院長
Q&A回答への評価:
4.5/108件
サービス:0件
Q&A:286件
コラム:111件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
045-561-2856
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

筋肉の緊張

心と体・医療健康 マッサージ・手技療法 2008/02/07 14:05

10年ほど前からパソコンを一日に何時間もしている常態です。
初めの頃は一時的な目の疲れで収まっていたのですが最近では全身筋肉が常に硬くなって体重も落ちて冷え性にもなり、リンパの流れも悪く顔色も悪い状態です。
カイロ整体、ロルフィングと通ったのですがよくならずストレッチも行なっているのですが、一向に改善せず気持ちが滅入ってしまってうつと診断されてしまいました。
朝起きたら目が疲れだし、顔色が悪くなって言ってしまい外にも出られなくなってしまっています。
どのようなところで見てもらうのが一番なのでしょうか。また家でできる良い方法などありましたら教えてください。

ゆうたっさん ( 石川県 / 男性 / 26歳 )

自分で治す

2008/02/08 14:32

ご質問ありがとうございます。

現在の体の状態は交感神経が緊張状態にあると言えます。
体のさまざまな症状は、交感神経緊張状態を教えている信号です。
寝ている間に疲労回復が思うようにいかず、体の働きがきちんとリセットしていないことを教えています。

脈診により、的確なツボを組み合わせて行う鍼灸治療なら、速やかに改善しますが、生活習慣も同時に正していかないとなりません。

すなわち、きちんと体を治すためには、食生活のリズムと食事の内容が大変重要です。
基本的には体を冷やさないことです。
生野菜は体を冷やすので、5月くらいまでは温野菜にすべきです。
果物についても同様で、ハウス栽培のものや常夏の国から空輸されてきたものは、冬から春先にかけては体をものすごく冷やし、正常な体の働きを崩します。
甘いものやポテトチップなどのお菓子を間食することも中止してください。

上記の注意事項を守って、上半身の乾布摩擦を毎日寝る前に5分/1回と朝の目覚めに5分/1回すると、2週間ぐらいでかなり改善すると思います。

入浴は始めにTシャツなどを着たままで、半身浴で十分発汗することをお勧めします。
以下の私のコラムを参照してください。

交感神経緊張が原因となる病気
http://profile.allabout.co.jp/pf/takiyamahiroyuki/column/detail/15487

自律神経と白血球の関係
http://profile.allabout.co.jp/pf/takiyamahiroyuki/column/detail/15418

どうぞお大事にしてください。


**************************************
鍼 覚王院 シャローム治療室
         院長  滝山 博行

〒223-0062 横浜市港北区日吉本町1-24-16
TEL 045-561-2856 FAX 045-561-2891
E‐mail info@hari.gr.jp
URL http://www.hari.gr.jp
**************************************

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム