赤岩 経大(歯科医師)- コラム「歯の密度」 - 専門家プロファイル

赤岩 経大
痛くない治療を目指します。

赤岩 経大

アカイワ ツネヒロ
( 東京都 / 歯科医師 )
竹芝サウスタワー歯科 歯科医師
Q&A回答への評価:
4.5/2件
サービス:0件
Q&A:5件
コラム:280件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
03-6402-1180
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

歯の密度

- good

2016-12-25 21:40
骨には密度があることは広く知られていますが、歯にも同様に密度があります。

歯を覆っているエナメル質は半透明の組織で、内部の密度によって輝きやツヤが異なって見えてしまいます。口の中に存在するむし歯の原因菌(ミュータンス菌)が作る酸が歯のカルシウムを溶かし、エナメル質の表層が低密度化します。


健康的で白く美しい歯は、表面がなめらかで、エナメル質内部の密度も高いため、ツヤがあり輝いて見えます。

しかし、歯垢(プラーク)が作り出す酸によって歯が溶かされると、なめらかだった表面は次第に「でこぼこ」し、エナメル質の内部の密度も低下していきます。この状態になると、透明感を失って歯はくすんで見えてしまいます。


健康的でつややかな歯の決め手となる、歯の密度。この密度を高めることにも、エナメル質の再石灰化を促進するフッ素が活躍してくれます。

毎日の歯みがきでフッ素配合ハミガキ剤を使用するのも有効的です。
PMTC後の高濃度のフッ素塗布も定期的に行って、エナメル質の再石灰化を促進し歯の密度を高めて健康的な強い歯を目指しましょう。


竹芝サウスタワー歯科 石塚




プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム