橘 凛保(マナー講師)- コラム「立冬に思う 『炉開』」 - 専門家プロファイル

橘 凛保
孔子の教え「恕」の精神を科学で紐解くマナーコーチング講師

橘 凛保

タチバナ リホ
( 東京都 / マナー講師 )
社団法人橘流恕学アカデミー 理事長 講師
Q&A回答への評価:
4.8/6件
サービス:0件
Q&A:12件
コラム:1,621件
写真:14件
お気軽にお問い合わせください
080-3301-9725
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ

グループ

専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

立冬に思う 『炉開』

- good

講習 2018-11-07 10:37


炉開の心


今日は『立冬』です。
お家元ではこの頃にと、
利休居士は「柚の色づく頃」にと
千家中興の祖と言われる宗旦は「吐く息が白く見えるころ」にと

「炉開き」をいたします。

自然が教えてくれる佳き頃合いに、炉を開きます。

『炉」を開くということです。
寒くなったので火をお客様の方に向けるという心遣いを大事にしてゆきたいとおもいます。
今日はとても暖かな『立冬』を迎えています。

子ども茶道では、特に「炉開き」で「恕」の心を学べるようにしています。
子どもこそ大事です。
そして子どもの方こそがこういう感覚を敏感にとらえてくれますね。
子どもでもちゃんと『壺飾り』をいたします。
壺の拝見もします。
作法の中には必ず「恕」があります。
子どもたちは真剣にその作法を真似ます。
「学ぶ」は「真似ぶ」が語源です。

理屈よりもまず、真似ることです。
見よう見まねで真似ることから、その子自身が獲得していくのが本当の理屈です。
先生は言わずともちゃんとこの「理」を伝えています。

 

子どもたちにはお茶を通して、お掃除して下さる人、
お菓子を取り寄せたらり準備をしてくださる人、
このような人の心を感じ取れるようになってほしいと願っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一般社団法人他橘流恕学アカデミー

tachibanaryu.net

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム写真