長谷川 進(経営コンサルタント)- Q&A回答「長年のIT業界の経験を活かしたご支援が可能です」 - 専門家プロファイル

長谷川 進
新規事業成功の鍵は、リスクヘッジを考えた事業戦略策定にあり

長谷川 進

ハセガワ ススム
( 神奈川県 / 経営コンサルタント )
Q&A回答への評価:
5.0/1件
サービス:0件
Q&A:3件
コラム:2,889件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
080-5450-9751
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

システム管理サービス業の事業展開

法人・ビジネス 新規事業・事業拡大 2009/05/27 13:47

税理士です。
関与先にシステム管理サービスを主力にしている企業があります。
外資系システムベンダーから大口の下請けを受けている仕事が主力ですが、少数大口に依存した事業はリスクが大きく、他の受注を開拓する、ことが必要だと感じていますが、国内システムベンダーの仕事は単価が低く、コストに合わないので取りにいっていません。
既存の外資系の仕事は、米国本店側の経営方針の変化で大きく振り回されることが多く、総じて売上は減少傾向、にあります。
システム管理サービスの事業を活用した、周辺分野への進出、など、売上を創出していく事業展開が必要と思います。
実行可能な地に足が着いた事業展開をアドバイスしていただけるコンサルタントの方が必要と思っていますが、アイディアをお持ちで実行支援していただける方はおられますでしょうか?

ローキャメさん ( 東京都 / 男性 / 47歳 )

長谷川 進 専門家

長谷川 進
経営コンサルタント

- good

長年のIT業界の経験を活かしたご支援が可能です

2009/05/28 10:28
( 5 .0)

経営コンサルタントの長谷川です。こんにちは。

大手ITベンダーの下請企業の多くは、昨年後半からの世界的不況の影響を受けて厳しい経営を強いられています。

私は長年のIT業界の経験に基づいた、ITベンダーに対する経営コンサルティングやIT人材育成を事業として行っております。

これからの中小ITベンダー生き残りのポイントは「脱下請」にあると考えております。
例えば、自社の強みを活かしたビジネスエリアにおいて「プライムコントラクター(主契約者)」になることを目指すことは、一つの方向性としてあるかと思います。

長年のIT業界の経験を活かしたご支援が可能ですので、ご検討ください。

以上

評価・お礼

ローキャメ さん

ありがとうございました。大変参考になりました。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム