杉浦 恵祐(ファイナンシャルプランナー)- Q&A回答「住民税非課税世帯かどうかでかかるお金は全く変わってきます。」 - 専門家プロファイル

杉浦 恵祐
金融商品の税制や国民健康保険料等の社会保険料対策なら

杉浦 恵祐

スギウラ ケイスケ
( 愛知県 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社OSP 代表取締役
Q&A回答への評価:
4.8/76件
サービス:0件
Q&A:163件
コラム:13件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
0566-42-1882
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

非課税世帯について

マネー 年金・社会保険 2017/01/10 18:23

現在、5人家族です。
夫55歳障害年金受給、私、長男27歳障害年金受給、次男19歳、長女12歳。
私は夫、息子が障害者のため、仕事ができません。夫と、息子の障害年金で生活していますので、現在、非課税世帯です。
この春から次男が社会保険が付いている会社に就職します。
その場合、息子の収入によっては非課税世帯ではなくなりますか?

障害者のサービスを利用しているため、非課税世帯と違う場合は、色々とかかるお金が変わってきますので、教えていただければと思います。

よろしくお願いします。

eiko33さん ( 北海道 / 女性 / 50歳 )

杉浦 恵祐 専門家

杉浦 恵祐
ファイナンシャルプランナー

- good

住民税非課税世帯かどうかでかかるお金は全く変わってきます。

2017/01/11 12:51
( 5 .0)

eiko33さんへ。

ファイナンシャルプランナーの杉浦恵祐です。

現在ご家族5人が同一世帯で、次男さんの29年の収入に対して住民税が課税になると、30年からeiko33さん世帯は住民税非課税世帯でなくなってしまいます。
次男さんが住民税非課税(均等割、所得割のともに非課税)になるためには、前年の合計所得金額がお住いの市町村が定める額以下(1級地(都会)では、扶養なしの場合35万円、扶養がある場合は35万円×本人・扶養者・控除対象配偶者の合計数+21万円。2級地(地方)だと×0.9。3級地(田舎)だと×0.8。)である必要があります。(非課税の判定の扶養者の数には16歳未満も含みます)

例・次男さんの29年の収入(4月~12月) 給与15万円×9か月=135万円なら、給与所得 135万円-65万円=70万円。給与20万円×9か月=180万円なら、給与所得 180万円-72万円=108万円。

仮に29年の次男さんの所得がこれくらいであって、他の家族の収入が障害年金(非課税収入)のみの所得0で、次男さんがご両親とご兄弟の家族4人を税務上の被扶養者とすれば、次男さんは29年の収入に対しては住民税非課税となり、30年は住民税非課税世帯を継続することはできます。(社会保険の被扶養者の方は難しいと思います)
が、次男さんの収入が住民税非課税の範囲を超えれば住民税非課税世帯になりませんし、今年は9か月分ですが30年以降は12か月分の給与等があるはずですので、いずれは住民税非課税の範囲を超えるでしょう。
それならば就職時から次男さんのみ世帯分離をしておけば、他の4人のご家族は次男さんの収入に関わらず住民税非課税世帯を継続できます。

ご承知の通り、「住民税非課税世帯」になるかならないかで、かかるお金やもらうお金が全く変わってきますので、きちんと対応しておくことをお勧めします。

評価・お礼

eiko33 さん

2017/01/11 17:35

大変、親切丁寧にありがとうございます。
世帯分離の方向で考えてみようと思います。
わかりやすい回答に感謝します。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム