松岡 在丸(建築プロデューサー)- コラム(5ページ目) - 専門家プロファイル

松岡 在丸
平均年収の方でも建てられる100年住宅を

松岡 在丸

マツオカ サイマル
( 東京都 / 建築プロデューサー )
松岡在丸とハウジング・ワールド 
サービス:2件
Q&A:0件
コラム:62件
写真:1件
お気軽にお問い合わせください
03-5325-4470
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

コラム一覧

62件中 41~50件目RSSRSS

美しいものは非効率から生まれる

美しいものは非効率から生まれる 合理的、効率的なものが好まれるようになってからの日本の家づくりは、オリジナリティーや意匠的な美しさが欠け、「工学デザイン」という観点からのシンプルな「美」という概念がもてはやされるようになりました。 海外からの輸入住宅を好む方々の多くは、日本の住宅には無いデザインセンスに魅せられることが多いのですが、外国の家づくりのデザインが素敵と思えるのは、なぜでしょうか。 デザインというのは特に日本人の通...(続きを読む)

2013/07/08 17:14

家づくりは「何年住み続けるのか」考えよう

家づくりは「何年住み続けるのか」考えよう 家を建てよう・買おうと思ったときの行動にはいくつかのパターンがあります。 住宅展示場に行く。 本屋で情報誌を購入する。 家づくりについて学ぶための書籍を購入する。 インターネットで調べる。 知り合いの建築業者に相談する。 最終的にはモデルハウスや施工事例を見に行く、ということになるわけですが、どのアプローチでも、結果として購入する住宅というのは「きっかけ」の連続になることが多いわけです...(続きを読む)

2013/07/04 21:26

日本のプライベートの概念はずれている?

日本のプライベートの概念はずれている? 日本の住宅の多くは、玄関から入ってすぐにトイレや洗面所、お風呂があります。 家族みんなが使うという理由で「パブリック」の考え方をしがちですが、海外では当然の如く「 プライバシー」を守るべき場所として家の奥の方にプランニングされています。 これは当たり前のことではないでしょうか。   玄関先にお客さんが来ている状況の中で、プライバシーが保たれなければならないトイレや洗面所がすぐそこにある、と...(続きを読む)

2013/06/21 00:01

リビングは多目的室として用いよう

リビングは多目的室として用いよう 日本の住宅のリビング、多くの家庭では大きなテレビやソファーを置いてくつろぐ仕様になっています。 しかし、果たしてテレビを中心にリビングをレイアウトしたりインテリアを考えたりするのはふさわしいのでしょうか。   リビングは家族が集う場所です。ということは、家族が集って何をするのかというのが大切になります。 海外のリビングを見ても、家族がリビングに集ってテレビを観るというのは、そこに集う主目的...(続きを読む)

2013/06/18 23:18

失敗しない土地選びの6つの秘訣

失敗しない土地選びの6つの秘訣 土地を探すところから始める家づくりもあります。ところが土地についてほとんどの方は知識がありませんので、不動産屋さんが紹介してくれるものをただ鵜呑みにしてしまうことも多々あります。 土地探しに行く前に、まずはしっかりと考えをまとめておきましょう。 建物の具体的なプランニングをしっかりとイメージしておく 土地を購入した後で、「こんな家しか建たないのか」という後悔をされる方が少なくありません。土...(続きを読む)

2013/06/17 19:37

賢い間取り ~サニタリー編~

賢い間取り ~サニタリー編~ 日本と海外の住まいの違いで顕著なのは、トイレや洗面所、バスルームなどのサニタリースペース。「パブリック」なのか「プライベート」なのか、その概念が大きく異なり、家のプランニングに大幅に変わってきます。 日本のトイレ・洗面所・風呂は、ほとんどの場合に家族が使うのに、なぜかお客さんの出入口である玄関のそばに。これが原因で家が使いづらかったり片付かなかったりと、様々な問題が生じます。 では、海外生活の...(続きを読む)

2013/06/06 19:57

賢い間取り ~ベッドルーム編~

賢い間取り ~ベッドルーム編~ 夫婦室、子供室と呼ばれる、ベッドルーム。一日で一番長い時間を過ごすと思われていますが実際にはそうでもない、というかそうであってはならない部屋。 個室はトイレやお風呂に次いでプライベートな部屋ですが、家づくりにおいてはそれだけでは済まされない、考慮に入れるべき様々なポイントがあります。   リビングに接している個室は使いづらい リビングのようなパブリックスペースに接していると、最も気になるの...(続きを読む)

2013/05/31 01:08

賢い間取り ~ダイニング編~

賢い間取り ~ダイニング編~ 家の中で中心的な使われ方をする部屋は、「食」を支えるダイニングです。   キッチンは「食」を生み出す準備室であるとすれば、ダイニングはまさしく「食」を楽しむ実践の場。   人は食べてエネルギーを得、食べるときに“素”な気持ちになり、食べるときに最も和むもの。それゆえに、家族が揃って食事をすることは世界的なレベルで重要視されていますね。   ところが日本のダイニングルームって、いかがでし...(続きを読む)

2013/05/16 13:41

賢い間取り ~キッチン編~

賢い間取り ~キッチン編~ 家の中で中心となる行為は、「食」ではないでしょうか。人を良くすると書いて「食」。食生活が整っていると、人生はどんどん良くなっていくと言っても過言ではないと思います。 そんな「食」を支える場所は、やっぱりキッチン。もしキッチンが使いづらければ、台所作業やお料理は苦痛になっていきます。そうなると、家族を精神面でも健康面でも支える「食」が、おろそかになりがち。 だからこそ、こだわるべきキッチンではあ...(続きを読む)

2013/05/09 22:39

賢い間取り ~ホール・廊下編~

賢い間取り ~ホール・廊下編~ 日本の住宅で、特に問題だと思うポイントの一つが、廊下や、階段上のホールなど、「通路」として使われるパブリックスペース。 一日のうちで一番使われることが少なく(通る時しか使わない)、風通しも日当たりも悪いこの空間。果たして必要でしょうか?   海外の住宅を見てみると、「暗いホール」というのはほとんどありません。階段も吹き抜け状態になっており、階段上のホールはある程度広くて明るいのです。 日本...(続きを読む)

2013/04/26 09:00

62件中 41~50件目

プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスコラム写真