中尾 恭之(社会保険労務士事務所レリーフ)- 経歴・実績 - 専門家プロファイル

中尾 恭之
答えで際立つ社労士

中尾 恭之

ナカオ ヤスユキ
( 大阪府 / 社会保険労務士事務所レリーフ )
代表
Q&A回答への評価:
4.5/2件
サービス:0件
Q&A:14件
コラム:8件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

経歴

2002年~2017年まで物流業界で営業・現場・事務を経験し、2017年に社会保険労務士試験合格。以後、大手社会保険労務士法人での勤務を経て、令和2年8月に独立開業。事業者の顧問として、人事労務管理の体制づくりのサポートを行っています。

2017年~2020年
社労士として再スタート~コロナ禍を経験
給与計算、労働・社会保険手続き、就業規則見直し、助成金申請の実務を一通り経験。特に、新型コロナウイルス感染症が流行し始めた令和2年3月にいち早く雇用調整助成金の具体的な支給額試算を交えながら、顧問先に効果的な休業対応や法違反にならない範囲の時限的な措置を提案し、好評を得ました。
2002年~2017年
物流業界でのキャリア形成
倉庫・物流センターでの現場リーダーとして、日々変化する業務量に応じた人員・チャーター便手配や業務改善活動に従事。営業では新規顧客を複数獲得。事務のリーダーとなった際には、正社員でなくとも大部分の業務がまわせる体制を構築し、生産性の向上を実現。その際に学んだことは「お金をかけずにできることはたくさんあり、特にコミュニケーションの改善で劇的に良い変化を起こせること」です。

実績

【略歴】物流業界にて営業企画・現場マネジメント・事務管理を経験。カイゼン活動によるコスト削減・ミス防止・生産性向上の仕組みづくりの実績多数。
2019年社会保険労務士登録および組織力診断士認定。大手社労士法人を経て2020年8月に開業。2021年に医療労務コンサルタントおよび両立支援コーディネーター認定。2022年4月より独立行政法人障害・高齢・求職者支援機構 高年齢者雇用アドバイザーに就任。
行政機関での労働相談および紛争解決支援
2020年9月~2022年3月の期間、大阪府庁にて労働相談員および労使紛争解決支援員として、ADR(裁判外紛争解決手続)による労使紛争を早期に和解解決を複数実現。その他、大学発ベンチャー企業様への専門相談や教育機関でのセミナー講師として好評を得ました。
人事労務の専門家としての取り組み
医療機関・学校法人等の顧問、ハラスメント防止セミナー講師、経営・人事ポータルサイトへの寄稿など幅広く活動中。
プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム