中沢 努(コンサルタント・研修講師・講演講師)- コラム「せいさつ(088)フッサール現象学的還元/エポケーとマルクス」 - 専門家プロファイル

中沢 努
「お客様を深く考えさせる」・・知識でなく「体験」を提供します

中沢 努

ナカザワ ツトム
( 東京都 / コンサルタント・研修講師・講演講師 )
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー 代表
お客様の声: 2件
サービス:0件
Q&A:0件
コラム:681件
写真:0件
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

せいさつ(088)フッサール現象学的還元/エポケーとマルクス

- good

せいさつ 090~081 2010-09-30 09:00


今から20年後。
庶民の所得水準は上がっているだろうか?

答えは分からない。
しかし、「上がらない」或いは「下がる」と感じている人は多いだろう。

では、今から20年後の社長のそれはどうだろうか?
上がるか?、下がるか?、イーブンか?

こちらも答えは分からない。
しかし、「上がる」或いは「イーブン」と感じている人は多いだろう。

さて、これを読んでいるあなたも同じように感じていたとしよう。

すなわち、
「庶民の所得は下がる」
「社長の所得は上がる」。

変だと思わないだろうか?

マルクスは「資本家は労働者の労働力の使用価値を手に入れる。しかし労働者には労働力の交換価値しか支払わない」と喝破した。

良し悪しの議論は別にして、まあそれが現実であろう。
「まあ、しかたないさ・・・」が庶民の実感値かもしれない。

しかし、そういう「感じ」に流されていいのだろうか?

ここで、皆さんに提案します。
実感値に敢えて逆らい「変だぞ」という気持ちを持続させてみる』を。

エポケー(判断中止)の始まりです。

フッサールは現象学的還元という思考の方法を提示しました。
現象学的還元とは「自然的態度の一般定立の徹底的変更」のことです。
これをやるためには、自分の眼前の事物をいったんカッコに入れ、それに対する判断を停止させればいい。

だから、「まあ、しかたないさ・・・」をカッコに入れ「それが現実さ」という判断を停止させるのです。
さて、あなたには何が見えてくるでしょうか?

まずはやってみて下さい。

(中沢努「思考のための習作」から抜粋)

★研修、講演、コンサルティング・・・承ります★
 ・メディア掲載、評価口コミ、著書、他 http://www.pensee.co.jp/peculiarity/index.html 
 ・実績と会社概要 http://www.pensee.co.jp/aboutus/index.html
 ・筆者による資料(総目次)http://www.pensee.co.jp/archive/index.html

最新情報
http://www.facebook.com/PenseeSauvageAndCompany


≪お問い合わせ先≫
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー(http://www.pensee.co.jp/

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスコラム