中沢 努(コンサルタント・研修講師・講演講師)- コラム「せいさつ(087)「パンタ・レイ/ヘン・パンタ」と日常の本質」 - 専門家プロファイル

中沢 努
「お客様を深く考えさせる」・・知識でなく「体験」を提供します

中沢 努

ナカザワ ツトム
( 東京都 / コンサルタント・研修講師・講演講師 )
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー 代表
お客様の声: 2件
サービス:0件
Q&A:0件
コラム:681件
写真:0件
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

せいさつ(087)「パンタ・レイ/ヘン・パンタ」と日常の本質

- good

せいさつ 090~081 2010-09-29 09:00

バブルが崩壊した。
国を挙げ、対策が施された。
人々はバブルを反省したはずなのに、またバブルが起こった。
一つのバブルは終わるが、バブルそのものは終わらない。

コンプライアンス違反が起こった。
企業が謝罪した。
「うちも気をつけねば」と多くの社長が思ったにもかかわらず、別な企業で似たような違反が発生した。
一つのコンプライアンス違反は終わるが、コンプライアンス違反そのものは終わらない。

道路や公園がゴミだらけになった。
ボランティアが掃除をした。
3、4日はきれいだったが、程なくして元に戻ってしまった。
一つのポイ捨ては終わるが、ポイ捨てそのものは終わらない。

パンタ・レイという言葉がある。
古代ギリシアの哲学者、ヘラクレイトスの言葉だ。
万物は流転するという意味である。

バブル、コンプライアンス違反、ゴミのポイ捨て。
いずれも「現れては消え、また現れ、それが消え、さらにまた現れる・・・」。
確かに流転している。

しかし、ヘラクレイトスはこうも言った。
ヘン・パンタ・・・こちらは、「万物は一」という意味だ。
彼は「世界の本質は変化を通して保たれている持続性、継続性にある」と考えた。
流転は無秩序に起こるのではなく、摂理に導かれているというのである。

では、この変化を引き起こしているもの(力)は何なのだろうか?
そして、継続という秩序を保たせているもの(力)は何なのだろうか?

私は、世界の変化を引き起こしているもの(力)が何であるかは知らない。
しかし、バブルやコンプライアンス違反やゴミのポイ捨てを引き起こしているものの正体は知っている。
それは人間である。

私は、流転の継続性を保たせているもの(力)が何であるかは知らない。
しかし、バブルやコンプライアンス違反やゴミのポイ捨てをいつまでも継続させているものの正体は知っている。
それは人間である。

消えてはまた現れるバブルの本質、消えてはまた現れるコンプライアンス違反の本質、消えてはまた現れるゴミポイ捨ての本質・・・これら日常の本質は「人間=私たち自身」にあると私は考えるのであります。

(無断転載や無断複製禁止)
 中沢努  「人間としてのコンプライアンス原論」の内容をコラム用に書き換え

※ これは、弊社が行っている教育やコンサルティング で実際に使用しているものです。
(クリックで別サイトが開きます)


コンプライアンスコンサルティング/コンプライアンス研修/コンプライアンス講演、他
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー( http://www.pensee.co.jp/ 、http://pensee-cmp.com/

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスコラム