森岡 篤(建築家)- Q&A回答「一般コンクリートブロックでは厳しい高さ」 - 専門家プロファイル

森岡 篤
庭を取り込む心地良い空間、永く住むためのフレキシブルな家

森岡 篤

モリオカ アツシ
( 建築家 )
有限会社パルティータ 代表
Q&A回答への評価:
4.6/135件
サービス:0件
Q&A:321件
コラム:80件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

擁壁について

住宅・不動産 住宅設計・構造 2008/08/20 01:26

畑地を宅地にして家の建築を考えています。
隣は畑のままです。道路の高さに土地をそろえるため地上げが必要(60〜80cm程)なのですが擁壁をコンクリートブロックで考えています。出来た擁壁の上には高さ150cm程の目隠しフェンスを設置する予定です。擁壁の長さは50m程あります。耐久性等考えるといかがなものでしょうか?

s255さん ( 奈良県 / 男性 / 34歳 )

一般コンクリートブロックでは厳しい高さ

2008/08/20 15:01
( 5 .0)

s255さんこんにちは
パルティータ建築工房の森岡と申します。

敷地を60〜80cm盛り土して、このレベル差の擁壁を作る、と考えてよろしいでしょうか。
その前提で回答させていただきます。

60〜80cmというのは、悩ましい高さです。
コンクリートブロック(以下CB)は、面に垂直に作用する力(風、地震、土圧)に余り強くありません。
建築学会の規準では、CBは原則として土に接して設けてはならない(つまり擁壁として使ってはいけない)が、高さ40cmまでなら良い、ということになっています。

しかし、実際にはCBを1m位の擁壁として使っている例はたくさんありますね。
これらの多くは、構造計算をすれば、もたないと思われます。

どういうことかと言うと、
土は、地質によりますが、粘着力があるため、ある程度の高さは垂直に切っても、自立します。
条件の良い時、地盤が自立するのであれば、CB擁壁で問題ありません。

ところが、大雨が降ったり、大きな地震があったりすると、土は不安定になり、崩壊します。
この時、構造計算に近い状態になり、擁壁の強さが性能を発揮します。

一般のコンクリートブロックは、目地1cmがあるため、空洞内にモルタルが充填できず、構造計算の性能も出ないことが多く、避けた方が良いと思います。(少なくともA種、B種は不可)

鉄筋コンクリートの擁壁が構造的には良いですが、50mの長さとなると、コストが問題ですね。

型枠コンクリートブロックを使われたらいかがでしょうか。
一般CBより、材料強度が高く、空洞が大きくコンクリートが充填しやすいので、強度も信頼性も高いです。


一般の塀の基礎はI型を使うことが多いですが、擁壁ではL型基礎として下さい。

この高さの擁壁は確認申請は必要ありませんが、構造の専門家に、構造計算をしてもらって下さい。


参考にしていただけたら幸です。

評価・お礼

s255 さん

ありがとうございます
型枠コンクリートブロックを考えてみます

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム