森岡 篤(建築家)- Q&A回答「構造体の判断が重要です」 - 専門家プロファイル

森岡 篤
庭を取り込む心地良い空間、永く住むためのフレキシブルな家

森岡 篤

モリオカ アツシ
( 建築家 )
有限会社パルティータ 代表
Q&A回答への評価:
4.6/135件
サービス:0件
Q&A:321件
コラム:80件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

リフォームか建替えか?

住宅・不動産 住宅設計・構造 2007/01/23 16:30

築29年重量鉄骨造の中古住宅を購入しました。家で仕事をする為、仕事場を作る他には軽度のリフォームで大丈夫だと思っていたところ、雨漏り・床下の水溜り・外装等、建物自体にに問題があることが発覚し、リフォームには相当な金額を要する事になってしまいました。売主が建物図面を紛失していて建物の調査にも時間・お金がかかる。不思議なリフォームをしていて使い勝手が悪い。現在数社から相見積をとる手配をしている最中ですが、建替えしたほうが安心できるのはないかと悩んでしまっています。全体リフォームにするか、建替えにするかはどういうポイントを判断材料にすればよろしいのでしょうか?アドバイス宜しくお願いします。

ちくさん ( 東京都 / 女性 / 40歳 )

構造体の判断が重要です

2007/01/24 09:34
( 5 .0)

構造体が健全かどうかの判断が重要です。
重量鉄骨造ということで、構造体がしっかりしていれば、いろいろな選択肢があり、軽リフォームはもちろん、全く別の家に生まれ変わる可能性もあります。

日本の構造設計規準は、1981年に大きく改正され(いわゆる新耐震設計法)、鉄骨造では地震力だけでなく、接合部や柱脚の考え方等大きく変わっています。
ご相談の住宅は、築29年と新耐震以前の建物なので、耐震的に問題がある可能性があり、その場合耐震補強が必要となります。

鉄骨造で安全性を確認するには、木造のように壁量で耐震性を概略判断するようなことは意味が無く、柱、梁、基礎等の各部材、接合部のデータで安全性を検討する必要があります。
図面がないとなると、調査することになりますが、結構大変です。
基礎関係の調査は、事実上不可能で、設計的判断が必要です。

リフォームの計画には、信頼できる構造設計者に参加してもらうことをお勧めします。

評価・お礼

ちく さん

ご回答くださいましてありがとうございます。まずは構造設計者に調査していただき、その結果次第でリフォーム・建替えの判断をすることにします。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム