森岡 篤(建築家)- コラム(3ページ目) - 専門家プロファイル

森岡 篤
庭を取り込む心地良い空間、永く住むためのフレキシブルな家

森岡 篤

モリオカ アツシ
( 建築家 )
有限会社パルティータ 代表
Q&A回答への評価:
4.6/135件
サービス:0件
Q&A:321件
コラム:80件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

コラム一覧

80件中 21~30件目RSSRSS

「温暖化防止を考える住宅」

先日、エコジャパン主催のセミナー「温暖化防止を考える住宅」に行ってきました。 新日本都市開発が事業主のさくらが丘Isaac日吉の中のテラ(TERA 建て売り住宅) ここ10年、建築家主導の環境共生住宅がいくつもプロデュースされ、実現しましたが、テラは、建て売り住宅としての環境共生住宅、ということで、注目されます。 設計には、建築計画だけでなく、建築エコ、すなわち、CO2を減...(続きを読む)

2008/06/26 14:26

たてもの園特別展第一部 「木造建築の魅力」

たてもの園特別展第一部 「木造建築の魅力」 小金井の江戸東京たてもの園では、開園15周年記念として「日本の建物」の第一部「木造建築の魅力」が開催されています。 この展示の中で、おもしろそうな何点かを紹介します。 神社仏閣を中心として、日本の名建築の写真がキャプチャー付きで多数展示していますが、写真より模型、あるいは実物展示がおもしろいです。 展示室を入るとすぐに、代表的な材木:松、ケヤキ、ヒノキ、スギ材の丸太か...(続きを読む)

2008/05/11 22:26

江戸東京たてもの園に行く

開園15周年「日本の建物」の第一弾「木造建築の魅力」展示中 久しぶりに、小金井の江戸東京たてもの園に行ってきました。 たてもの園は、今年開園15周年を迎え、日本建築の魅力を紹介する「日本の建物」という題の展示が、今年度いっぱい行われます。 「日本の建物」は4部構成で構成され、現在その第一部として、「木造建築の魅力」が6月1日まで展示されています。 たてもの園の方は、建...(続きを読む)

2008/05/07 10:48

東芝ライテックが白熱電球製造中止

今月初め、甘利経産省大臣が、白熱電球から電球型蛍光ランプに移行する方針を出したことをお伝えしました。 これを受けて、経産省が同方針を出し、先日、電球シェア国内2位の東芝ライテックが2010年に白熱電球の製造中止が発表されました。 松下が中止方針を出すのも、時間の問題のようです。 電球は、発光原理によりさまざまな種類があり(白熱球、蛍光灯、LED、ハロゲン等々)、各特徴があり...(続きを読む)

2008/04/30 22:16

黒漆喰の「ツヤ」

黒漆喰の「ツヤ」 NHKの美の壺という番組をご存知でしょうか。 主に日本の文化・工芸を紹介する、とても好きな番組で、毎週チェックしています。 http://www.nhk.or.jp/tsubo/ 先週は、「蔵」が放送されました。 以前静岡県松崎町で、多くの蔵を見に行ったことがあり、興味深かったです。 「蔵」というと、白い漆喰壁と瓦を使ったなまこ壁を連想しますが、番組で特徴的だったの...(続きを読む)

2008/04/22 10:21

手洗付き便器

手洗付き便器 手洗付き便器というのがあります。 トイレのタンクの上に手洗い用水栓があるものです。 昔から良く使われている一般的なものですが、私はできれば使いたくないと考えています。 水栓にもかかわらず、余り清潔な感じがしないからです。 給水管がつながっていることはわかっていますが、もし横にコップが置いてあっても、口をゆすぐ気にはなれません。 便器には汚水を流すため給水管があ...(続きを読む)

2008/04/18 11:50

白熱電球がなくなる

甘利経産相は、地球温暖化問題をテーマとした市民との対話集会で、消費電力の多い白熱電球を4年後の2012年までに国内の製造・販売を中止し、蛍光灯に全面切り替えを完了させる方針を表明しました。 白熱電球は、電球内のフィラメントに電流を流し発光させるものです。 電球自体は安価ですが、消費電力が大きく、熱を発し高熱になり、寿命が比較的短いのが欠点です。 一方、発光色が暖かい色で美しく、居...(続きを読む)

2008/04/07 19:36

シンポジウム 「改正建築基準法はいりません!」

昨日、「改正建築基準法はいりません!」という、建築ジャーナル主催のシンポジウムに行ってきました。 パネリストは、 神田 順氏(東大教授) 佐藤 淳氏(構造設計家) 古川 保氏(伝統工法設計家) 馬淵 澄夫氏(民主党衆議院議員) 昨年6月に改正された建築基準法のさまざまな問題点について、前半で発表し、後半はパネルディスカッションを行うものでした。 建築基...(続きを読む)

2008/04/02 22:14

外壁タイルはいずれ落ちる−2

鉄筋コンクリートの躯体に現場でタイルを貼る工法では防げないため、外壁の型枠に大型のタイルを固定し、直接コンクリートを打設する、打ち込みタイルという工法が考えられました。 打ち込みタイル工法は、現場でタイルを貼る工法よりは改善しました。 しかし、打ち込みタイル工法では、コンクリートの打設を完全に行わないとやはり不良タイルを作ることになり、打設不良がタイルがあることで目視確認しにくいとい...(続きを読む)

2008/01/16 17:02

建築の特殊性:買う前に実物が見られない−1

パルティータ建築工房の森岡です。 あけましておめでとうございます。 本年最初のコラムは、「建築の特殊性:買う前に実物が見られない」としたいと思います。 一般の商品は、買う前に実物(と同じ種類の商品)を見て、判断してから買うことができます。 家電製品は、大手ショップで商品を触り試用することができます。 車を買う時は、ショールームで同じ車種を見、試乗することもでき...(続きを読む)

2008/01/05 18:59

80件中 21~30件目

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム