森岡 篤(建築家)- コラム「T-house工事スタート」 - 専門家プロファイル

森岡 篤
庭を取り込む心地良い空間、永く住むためのフレキシブルな家

森岡 篤

モリオカ アツシ
( 建築家 )
有限会社パルティータ 代表
Q&A回答への評価:
4.6/135件
サービス:0件
Q&A:321件
コラム:80件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

T-house工事スタート

- good

T-house工事中継 2011-01-25 23:28

パルティータ建築工房の森岡です。

当事務所で約1年かけて設計してきた、T-houseの工事が、昨年末より始まりました。
これから、工事進捗中継を、お伝えします。

設計のプロセス、設計内容についても、遡って書いていきます。

T-houseは、地下1階(RC)、地上2階(木造)の一戸建て住宅です。

敷地は、武蔵野の閑静な住宅地で、敷地面積は約28坪、
第1種低層住専の建ぺい率50%、容積率100%です。

施主は、夫婦と子供3人の5人家族で、この敷地に建つ2階建住宅に住んでいました。
既存住宅は、古い建て売り住宅で、耐震上、省エネ上、間取り上問題があり、建て替えることにしました。

容積率100%なので、目一杯建てても延べ床面積28坪で、5人家族には、少々狭いです。
結果として、地下を作ることにしましたが、この決定には、紆余曲折、さまざまな検討を行っています。

このあたりのいきさつは、設計編で詳しくお話ししたいと思います。


写真は、既存住宅の解体が終わり、整地したところ。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム