大沼 徹(建築家)- Q&A回答「敷地条件を活かしたリビングの向き」 - 専門家プロファイル

大沼 徹
人の思いと土地の個性を結んだ、オンリーワンの環境づくり

大沼 徹

オオヌマ トオル
( 東京都 / 建築家 )
大沼建築・環境計画事務所 主宰
Q&A回答への評価:
4.7/35件
サービス:0件
Q&A:73件
コラム:0件
写真:7件
お気軽にお問い合わせください
044-987-9723
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

旗竿地に建てる採光方法について

住宅・不動産 住宅設計・構造 2016/12/19 21:20

南向きの旗竿地に家をたてる予定です。
現在設計士に間取りを何個か作成頂いています。

土地は、東側端から南向きに竿が延び、車2台が縦列できる長さです。旗の部分が縦10メートル、横16メートル程で敷地面積は170平米です。

家は建坪35坪で予定しています。

北側は崖になっており、1Fからの視界は遮るものはないです。建物も建つことはないです。
西側は広い畑で、今後建物が建つ可能性はあります。
南側、東側は隣地となっており、境界1mまで建物があります。
道路は南側竿部分にあります。行き止まりのところということです。

現在作成頂いている間取りは典型的な南側リビングで、南向きからの採光がほぼないことを想定して吹き抜けを作るようになっております。
竿部分の延長に玄関がある間取りです。

2Fリビングにしたくなく、でも直射の陽当たりはないにせよ、明るい開放的なリビングにしたいと思っています。が、設計士から頂いた間取りは南側隣地と3mほどは離れていますが、影を考えると暗いのかなと心配になっています。

このまま進めて満足のある家にできるのか、それとももっといい方法があるのか、なにがよいのかわからず、もやもやしています。

是非、アドバイス、事例など頂けると嬉しく思います。
宜しくお願い致します。

たな0427さん ( 千葉県 / 男性 / 37歳 )

敷地条件を活かしたリビングの向き

2017/01/07 00:30

東京多摩地域で建築設計に携わっている大沼と申します。

案を複数検討しているにもかかわらず、考え尽くしているのか気掛かりなゆえのもやもやと存じます。であればまずは、検討の前提と検討の巾を設計士さんと再確認し、途中何となく前提になってしまって発想を妨げているものがないか、ざっくばらんに話し合ってみることをお薦めします。前提がひとつ変わることで、検討の巾が大きく広がることもありますので。
 文面から、北側は敷地より低いのではと推察します。視界を遮るものが無く、将来的に建物が立ちそうにないのなら、活かすことを考えてみたくなります。建物南面は物干しや通風などやや機能優先で解き、リビングは北向きにして開放感を確保し、日差しは吹抜けなどで演出的に取り入れるという方法もあるかもしれません。南からの日差しがきついと部屋内の明暗差が大きくなり、結果的に部屋が暗く感じられることもしばしばです。部屋全体を柔らかく明るくしてくれる北からの間接光を上手く活かすのも一手と思われます。

以上、多少なりともご参考になれば幸いです。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&A写真