大平 和幸(弁理士)- Q&A回答「学費の安い大学か、奨学金」 - 専門家プロファイル

大平 和幸
先端科学技術と知財活用の両方に精通した、農学博士の弁理士です

大平 和幸

オオヒラ カズユキ
( 神奈川県 / 弁理士 )
大平国際特許事務所 所長弁理士
Q&A回答への評価:
4.0/3件
サービス:0件
Q&A:9件
コラム:43件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
090-4227-0184
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

助けてください

人生・ライフスタイル 海外留学・外国文化 2019/07/24 22:49

こんにちは。わたしは高校三年生女子です。
わたしは音楽とスポーツが大好きです。
わたしはまだどちらを学びたいか決められていませんが、覚悟を決めたらとことん命がけでやりたいと思っています。それらをわたしはできればアメリカの大学で学びたいです。
ですが費用が膨大すぎて、親には無理だと言われました。ずっとバイトをしていて、お金は貯めていましたが、そのお金ではほんの一円の価値ぐらいしかありません。何か良い方法などはありますか?

おまごるさん ( 神奈川県 / 女性 / 17歳 )

学費の安い大学か、奨学金

2019/07/25 06:46

TOEFLの点数は足りているという前提でお話しますが、
州立大学では、学費の安いところもあったと思いますよ。寮費含めて年間100万円程度のところも昔はあったと聞いています。今はわからないですが。
あとは、奨学金とか、マイノリティ向けの学費免除枠があるはずです。
理系であれば、大学院に入れば給料が出るところもあるので、日本の大学を出てから大学院で留学する方法もあります。

死ぬ気で頑張れるのであれば、東京大学に入れば、大学の費用で短期留学(3ヶ月位?)できる制度もあるので、死ぬ気で勉強して東大に入るのも手でしょう。東大の医学部保健学科にスポーツ健康科学科があったような記憶があります(自分で調べて下さい)。東大に入るには、私の教材「楽しく勉強して学力を伸ばし続けるマニュアル」というのもあるので、検索して見てみて下さい。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム