照井 博美(ファイナンシャルプランナー)- Q&A回答「医療の保障に関しての考え方」 - 専門家プロファイル

照井 博美
年金に頼れない30代・40代へ! 同年代の目線で運用を提案

照井 博美

テルイ ヒロミ
( 岐阜県 / ファイナンシャルプランナー )
オフィスシノワ 
Q&A回答への評価:
4.4/38件
サービス:0件
Q&A:93件
コラム:41件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
080-8873-4157
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼
てるいひろみは、大田区で、保険見直しや資産運用・ライフプランを相談できる女性FPです。(※外部サイトへのリンクです)
オフィスシノワ

生命/医療保険の加入と資産運用

マネー 生命保険・医療保険 2010/03/24 01:00

夫31歳、妻30歳(出産予定)
保険加入と貯蓄計画の見直しをしてます。ご意見お願いします。
【収入】
夫(会社員)額面750万円/年
妻(会社員)額面380万円/年(産休終了後退職予定、退職金無)
【現有資産】
普通400万、定期550万、外貨400万、住宅財形500万(夫)、財形貯蓄300万(妻)、自社株400万(夫)、日本株50万、確定拠出年金80万(夫)
【夫の会社補償】
・夫死亡か重度障害時、子供に7万/月の支給 (2人以降は1万/人ずつ上乗せ)
・供物料300万+退職金(現時点で約300万)
・家族の差額ベット代補助、5日目以降1年間まで1万/日以内の実費
【相談1 生命保険】
夫が来年満期の養老保険(死亡保障500万)のみ。万が一の際の子の養育費は会社補助もあるので終身で考えました(1500万でOKかと…どうでしょう?現在の生活費は30万/月)。夫の?は学費の一部と考えてます。

?特定疾病保障付US$建終身保険(低解約返戻金型)‥死亡10万US$、三大疾病時一時金有&以後の保険金支払免除、60歳払込(190US$/月)
?円建終身保険(低解約返戻金型)‥死亡500万、15年払込(15500円/月)

?円建終身保険(低解約返戻金型)‥死亡500万、60歳払込(7750円/月)
【相談2 医療保険】
退職までは差額ベッド代が出ますが、役立つものなのか、また退職後を考え別途加入すべきか悩んでいます。入院日数に応じたタイプ以外に一時金給付型も検討してます。妻の加入は出産後です。
【相談3 資産運用】
10〜12年後に家を購入予定です(4000万〜)。現在の資産をベースに住宅費用、養育費の確保のため、インフレ/為替変動に備え今後の収入の一部で積立投資する計画です。月々の夫給料から12.5万を貯蓄/保険に回します。内訳は保険料4.5万、住宅財形5万、自社株1万、投資信託2万。賞与から住宅財形40万、円定期(or国債)70万を貯蓄予定。投資信託はインデックス型の先進国株式/債券、新興国株式/債券を月毎に分散投資する予定です。

ここのとーさんさん ( 神奈川県 / 男性 / 31歳 )

照井 博美 専門家

照井 博美
ファイナンシャルプランナー

- good

医療の保障に関しての考え方

2010/03/27 13:38

ここのとーさん、はじめまして。
大田区で保険見直しや資産運用・ライフプランを
相談できるFPの照井と申します。

お勤め先の福利厚生は大変充実しているようですね。
お子様は何人でお考えか、奥様の今後の収入の予定など、
前提条件によって必要保障額は変わりますが、
勤務先からの保障も考慮して見直しをお考えなのは、
大変よいですね。

国や勤務先からの保障で補いきれない分を民間の保険で
準備すればよいと思います。

医療に関しても、差額ベット代の補助もあるようですので、
転職されない限りは現役時代はあまり必要性は
感じられないと思います。

ただ、厚生労働省のデータによると、生涯にかかる一人あたりの
医療費の実にその半分は70歳以上でかかっています。
また、年齢階級別にみた入院受療率を見ても、60歳を境に、
以降年齢が上がるほど入院割合が高まっていきます。

実は医療に関しては60歳以降のために、貯蓄で準備できる方は貯蓄で、
そうでない方は健康な若いうちに、保険料と相談しながら、
というのがベターなのかもしれません。

ですので、退職後は貯蓄でまかなう、というのも
ひとつの考え方ですので、その場合はそのつもりで医療費分を
別に貯蓄に充てておくことも必要かもしれませんね。

ご一家の場合は、現時点では金融資産が十分おありですが、
10〜12年後に住宅を購入予定とのことですので、
その際今の金融資産を頭金に充てることも考慮するとなると、
総合的にライフプランを考えながらファイナンシャルプラン
をきちんとたてることが重要かと思います。

その結果によっては、仮に退職時の貯蓄残高の予想額によっては、
全部ではなく一部を貯畜で、一部は、住宅購入に向けても
無理のない保険料で、かつご希望を満たす
(大病を患い、死亡保険金は出ない上に多額の医療費がかかる状態に
陥ったときのことを考え)プランを考えてもよいのかもしれませんね。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム