照井 博美(ファイナンシャルプランナー)- Q&A回答「まずはご希望をクリアにしてみては?」 - 専門家プロファイル

照井 博美
年金に頼れない30代・40代へ! 同年代の目線で運用を提案

照井 博美

テルイ ヒロミ
( 岐阜県 / ファイナンシャルプランナー )
オフィスシノワ 
Q&A回答への評価:
4.4/38件
サービス:0件
Q&A:93件
コラム:41件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
080-8873-4157
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼
てるいひろみは、大田区で、保険見直しや資産運用・ライフプランを相談できる女性FPです。(※外部サイトへのリンクです)
オフィスシノワ

家族収入保険ついて

マネー 保険設計・保険見直し 2010/03/19 08:12

保険の見直しを考えています。
(出産予定)

夫(年収430万)30歳
・終身(1000万、65歳払込、保険料(以下保)17300円)
・家族収入保険
(保険・払込期間65歳、月額20万、保9100円)
・低解約返戻金型定期(500万、55歳払込、保9370円)
・ドル建終身(65歳払込、50,000USD,保53USD)
・医療保険(保険・払込期間:終身、5000円/日(がん10000円/日※5日目より)保2825円)

私(年収400万)29歳
・終身(500万、65歳払込、保7500円)
・ユーロ型積立養老保険(保険・払込期間:65歳、500€、保161€)

その他家のローンとマンション管理費等で15万ほど支出があります。

私の出産の為、収入が一時的に減るのでこれを機に月額7万を超える保険額の見直しを考えています。この保険に圧迫されてほとんど貯蓄に回らない状態です。

家族収入保険は掛捨という点と、死亡・高度障害の時だけ活かされるのも魅力がありません。またドル型は、為替リスクも考えこの際この2つを切ろうと思うのですが、担当者によるとこれらよりも私の分を全て解約するか(OR払済)、夫の低解約返戻型を切って、終身を減額したほうがいいとのこと。

こちらの希望としては、貯蓄型(保険は貯蓄ではないことは重々承知ですが)はなるべく残しておきたいのですが。

もちろん変換権を利用して終身などに変えてしまえばいいと考えればいいのでしょうが、
煩わしいのでいったん全部解約して他社に変えてしまおうかとも考え中です。
家族収入保険はそれほどまでに魅力的で価値のある保険なのでしょうか?

予算的に二人で最高でも4万位に抑えたいのですが、どうすればいいでしょうか?

無知なため、どうすればいいのか分からなくなってしまいました。
よろしくお願いします。

乱文ご容赦ください。

mmo123さん ( 東京都 / 女性 / 29歳 )

照井 博美 専門家

照井 博美
ファイナンシャルプランナー

- good

まずはご希望をクリアにしてみては?

2010/03/19 11:22

mmo123さん、はじめまして。
大田区で保険見直しや資産運用・ライフプランを相談できる
FPの照井と申します。

出産予定とのこと、おめでとうございます。 楽しみですね。
確かに住宅ローンもありながら、お子様が誕生されるにあたり、
月7万円の保険料はご負担が大きいでしょうね。

ご職業や資産残高、今後のmmo123さんの復職予定(一時的に収入が減る、
とのことですので復職されるのでしょうね。)によって変わってきます。

自営業の方の場合、会社員の方より必要保障額が大きくなる傾向はありますので、
一概にどれだけ保障が大きすぎるのかは詳細なカウンセリングをしてみませんと
なんとも言えませんが、ご質問を拝見させて頂いた限り、一番の問題は、
ご一家に必要な保障額をしっかりと確認しないまま、現在のプランの加入に
至っているのではないか、と感じられることです。

まずは必要保障額をきちんと確認することが遠回りなようでも
保険の見直しでは一番大切です。

そのうえで、保障をいつまで確保したいのかにより、
終身にする必要がある部分、一定の期間のみでよい部分を見極めることが
保険料をリーズナブルに抑えるポイントです。

ご主人の必要保障額が仮に1,000万円のみでよくて、
保険料予算も問題なければ、掛け捨てのタイプを組み入れる必要は
ないかもしれませんが、保険料の予算によっては上手に掛け捨ての部分も
組み入れることで必要保障額を適切にカバーできるということも言えます。

また、mmo123さんの復職が前提ですと、家計への寄与度を考えると、
住宅ローンの借入の名義にもよりますが、mmo123さんご自身の必要保障額も
あまり削れないケースではないでしょうか。

遺族年金などはむしろ奥様が亡くなられた場合のほうが手薄ですので、
担当者の方はmmo123さん分を全て解約、ということのようですが、
ご自身の必要保障額も計算してみてから決めたほうがよいと思います。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム