照井 博美(ファイナンシャルプランナー)- Q&A回答「解約して新たな契約に変更する際の注意点」 - 専門家プロファイル

照井 博美
年金に頼れない30代・40代へ! 同年代の目線で運用を提案

照井 博美

テルイ ヒロミ
( 岐阜県 / ファイナンシャルプランナー )
オフィスシノワ 
Q&A回答への評価:
4.4/38件
サービス:0件
Q&A:93件
コラム:41件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
080-8873-4157
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼
てるいひろみは、大田区で、保険見直しや資産運用・ライフプランを相談できる女性FPです。(※外部サイトへのリンクです)
オフィスシノワ

生命保険の解約のタイミング

マネー 生命保険・医療保険 2010/02/24 15:07

初めまして。保険初心者です。
昨年、結婚を機に主人の生命保険を、知り合いから進められ、
2万円/月
支払始めたのですが、主人の会社で、格安の団体で入る
生命保険があるのを知り、それに加入を考えています。

また、現在、保険が安く、CMにも流れてる保険会社にも大変興味があり、今、2年目に突入しようとしてる、現保険会社を解約して、新しい保険会社と、会社の生命保険と変更するとデメリットや、気をつける事等、何かありますでしょうか?どうにか保険料を抑えていきたいのです。教えてください。

saiiasさん ( 大阪府 / 女性 / 34歳 )

照井 博美 専門家

照井 博美
ファイナンシャルプランナー

- good

解約して新たな契約に変更する際の注意点

2010/02/24 16:00

saiiasさん、はじめまして。
東京都大田区で保険見直しや資産運用・ライフプランを
相談できるFPの照井と申します。

現状の保険を解約して新しい契約をしようとする際のデメリットは、

●多くの場合、現状の解約返戻金は、ご契約後短期間での解約となりますので
まったくないか、あってもごくわずかです。

●一定期間の契約継続を条件に発生する配当の請求権を失うこととなります。
 (配当金のあるタイプの保険の場合)

●新たに申し込みの保険契約については、健康状態によっては必ずしも
ご希望通り加入できないこともあります。

●新たな保険契約については、告知義務違反の場合、責任開始日から
3年以内の自殺の場合、および責任開始期前の発病の場合には、
保険金・給付金等が支払われない場合があります。

上記のようなデメリットはありますが、比較検討してみた結果、
見直しするメリットがあるということでしたら、長い目で見れば
十分メリットはあるかもしれませんよね。

ただし、新しい契約がスタートしてから現状の保険を解約なり
変更するという順番を間違えないようにしてください。

団体保険の場合、格安の場合が多いのですが、1年きざみや
5年きざみで保険料が上がっていくタイプが多いので、
検討されてる保険が全期型(ずっと保険料が変わらないタイプ)のもの
であれば、生涯に払う保険料総額を比較してみるとよいでしょう。

また、団体保険の場合、いつまで続けられるか、ということもポイントです。
医療保険など、終身タイプがよいと思っていても、団体保険の場合
在職中のみしか継続できないケースもありますので、
パンフレットなどで保険期間など確認されることをおすすめします。

また保険料も大切ですが、必要保障額を計算して、過不足なく加入
することもsaiiasご一家のライフプランの実現のためには重要です。

ご希望通りの保険の見直しができるといいですね。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム