照井 博美(ファイナンシャルプランナー)- Q&A回答「必要保障額保険金額はきちんと計算されていますでしょうか?」 - 専門家プロファイル

照井 博美
年金に頼れない30代・40代へ! 同年代の目線で運用を提案

照井 博美

テルイ ヒロミ
( 岐阜県 / ファイナンシャルプランナー )
オフィスシノワ 
Q&A回答への評価:
4.4/38件
サービス:0件
Q&A:93件
コラム:41件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
080-8873-4157
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼
てるいひろみは、大田区で、保険見直しや資産運用・ライフプランを相談できる女性FPです。(※外部サイトへのリンクです)
オフィスシノワ

収入保障保険について。

マネー 保険設計・保険見直し 2012/09/05 13:51

いつもお世話になっております。
このたび、FPに相談にのってもらいました。

旦那40歳会社員、私38歳専業主婦 長女11歳、次女10歳です。
私は病気があるため、働けません。 

今の旦那の死亡保障が低減定期保険で、1700万。
これが55歳を超えると0円になります。
終身保険が200万です。(月7600円)

これだけでは死亡保障が少ないとのことなので新たに終身保険(300万)と収入保障保険(月10万・55歳まで)にはいったらどうかとのことでした。

終身保険は61歳をすぎないと得にならないので入るつもりはありません。
収入保障保険を上乗せするだけで大丈夫でしょうか?

ちなみに終身保険は8500円、収入保障保険は2500円くらいです。
今よりお金がかかるのは嫌ですが仕方ないですね。

どうかよろしくお願いします。

happy_tomoさん ( 埼玉県 / 女性 / 38歳 )

照井 博美 専門家

照井 博美
ファイナンシャルプランナー

2 good

必要保障額保険金額はきちんと計算されていますでしょうか?

2012/09/05 17:23

happy_tomoさん、はじめまして。
大田区で保険見直しや資産運用・ライフプランを相談できる
FPの照井と申します。

今回の見直しにあたり、必要保障額保険金額は
きちんと計算されていますでしょうか?
ご主人に万が一の場合の、残されたご家族に必要なお金から
すでに準備済みのお金(会社員のご主人の場合遺族厚生年金や
遺族基礎年金、happy_tomoさん自身の将来受け取るであろう
老齢年金など公的な保障や、ご主人の勤務先からの保障・金融資産など)
を引いた残りを民間の保険でカバーすればよいので、まずはここを
きちんと計算してあればよろしいかと思います。

そのうえで、上記の金額が必要ということであれば、ご自身にご病気があり、
働けないということを踏まえますと、保険料を払って保障を準備するのか
どうかをお決めになるとよろしいかと思います。

ただし、将来的に長い目で見た場合の収支のバランスも大切です。

万が一の場合の保険料のために、万が9999の場合のご家族が生きていくのに
必要なお金が足りなくなっては本末転倒ですので、今後のお子様の教育資金や
住宅にかかるコスト、リタイア後のご夫婦の生活資金なども踏まえて、
無理のない保険料に抑えることも重要ですね。

また、保険期間の55歳まで、というのも根拠があれば問題ないのでしょうが、
happy_tomoさんはそのとき53歳ですので、お子様の教育資金は終わっていた
としても、ご自身の年金を受け取れるのは65歳ですので、そこも確認が
必要かもしれませんね。

また、頂いた情報ではhappy_tomoさんの医療の保障に対するお考えはわかりませんが、
仮に医療にかかる費用を保険ではなく貯蓄でカバーするおつもりであったり、
または保険でカバーしたいけれども健康上の理由で加入が難しい可能性がある
のであれば、その分を貯蓄でカバーできるように準備も必要ですので、
ご家族全体の保険料があまり家計を圧迫しすぎますと、貯蓄にまわす分が
その分少なくなりますのでそこにも注意が必要かもしれませんね。

happy_tomoさんご一家にとって満足できる保険の見直しになるとよいですね。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム