照井 博美(ファイナンシャルプランナー)- Q&A回答「現実を把握し、対策も見えてくれば、溝が埋まるかも」 - 専門家プロファイル

照井 博美
年金に頼れない30代・40代へ! 同年代の目線で運用を提案

照井 博美

テルイ ヒロミ
( 岐阜県 / ファイナンシャルプランナー )
オフィスシノワ 
Q&A回答への評価:
4.4/38件
サービス:0件
Q&A:93件
コラム:41件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
080-8873-4157
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼
てるいひろみは、大田区で、保険見直しや資産運用・ライフプランを相談できる女性FPです。(※外部サイトへのリンクです)
オフィスシノワ

出産後、夫婦間に溝が生じました

2012/09/04 15:18

夫(35歳)と生後4ヶ月の子供がおり、現在育児休暇中のパート主婦(34歳)です。

出産後、育児に追われ肉体的・精神的に最も大変であった時期の夫とのやり取りを巡り、夫婦関係が悪化してしまいました。当時は里帰り出産のため実家におりました。

具体的には、産後1ヶ月、初めての育児で体力・精神的にも疲労が続き他のことを考える余裕が全くなかった時期に夫から家計に関する相談が続き、勢いで「家族が増えてお金のことが心配ならば実家から戻らずに離婚する」というような言葉を(携帯メールで)投げかけてしまったのがきっかけです。(経済的には決して暮らしていけないわけではないのですが、出産を控え、夫なりにかなり細かく今後のことを考えていたようでした)。

産後、自宅へ戻ってからもしばらくは育児に気を取られてしまっていましたが、その後私からひどい言葉を投げかけてしまったことへの反省と謝罪、夫が家計について考えていたことが将来に向けて必要なものであること、自分もそれに沿って努力していく意思を伝え、これからも家族3人で過ごしていきたいと伝えました。しかし、夫からは「今回のやり取りで心が折れた」「出産前に遡ってお互いの金銭感覚にズレがあった、今さら離婚したくないなどと言うのは世間体や収入が無くなるのが不安なだけだ」などと言い返され、さらに「(産後などの)極限まで追い詰められた状況で出る言葉がその人間の本心だ。今さら否定しても無駄だ」と言われて取り合ってもらえず、今後のことなども含め夫婦での話し合い自体が困難になってしまいました。

また、今回のやり取りがきっかけで夫には不眠・食欲不振などの身体症状が現れており、病院への受診を勧めてみたのですが拒否されてしまいました。話し合いに第三者が介入することも激しく嫌っており二人でカウンセリング等を受けることも難しく、夫婦の溝が深まるばかりです。

ただし、即離婚という訳でもなく夏休みに家族旅行を計画したり、時間がある時には子供の世話をしたりと、精神的に苦しい中でも夫なりに修復を考えているようにも見て取れます。

私自身は世間体、収入ではなく家族(特に子供の幸せのために)修復を望んでいますが、このように夫が心を閉ざしてしまった状況で、今後、どのように接したらよいのでしょうか。

どうかお知恵をお貸しいただきたく、よろしくお願いいたします。

補足

2012/09/04 15:18

夫からの金銭面での相談は出産直前から急増しました。「出産後はなるべく早く仕事に復帰してほしい」「産休入りまではパート勤務だったが産後はフルタイムで働いてほしい」「自分の職場の女性社員は産後もみなフルタイムで働いているから私にも同じように働いてほしい」などです。全部飲み込むのは無理だができる限り努力すると夫に話し、その場では夫も了承して出産前の状況としては特に大きな問題にはなっていませんでした。

言い訳になってしまうかもしれませんが私自身は妊娠9ヶ月から切迫早産で1ヶ月間入院し、お産は帝王切開、手術時の麻酔の後遺症で回復が遅れ退院後も体力的・精神的にハードな状況が続いていました。

初めての出産を機にお互いに精神的にゆとりのない状況で今回の亀裂が生じてしまったように感じております。

アテナさん ( 埼玉県 / 女性 / 34歳 )

照井 博美 専門家

照井 博美
ファイナンシャルプランナー

2 good

現実を把握し、対策も見えてくれば、溝が埋まるかも

2012/09/05 16:22
( 5 .0)

アテナさん、はじめまして。
大田区で保険見直しや資産運用・ライフプラン
を相談できるFPの照井と申します。

赤ちゃんのお誕生おめでとうございます!
体力的・精神的にハードな状況が続いていたとのこと。大変でしたね。
そうでなくても、初めての出産後は無我夢中で余裕などないと思います。
(私もいっぱいいっぱいでした。
 でも思い返すと一番しあわせな時間だったのかもしれません。)
ついつい言ってしまったこともあるでしょう。

ご主人は里帰り出産で大変な様子が実際には見えないことから、理解が
充分できないこともあったかもしれませんし、ご家族が増えたこともあり、
今後の家計をしっかりと考えられているのでしょう。 漠然とした不安
もあるのかもしれません。

ご夫婦のうち少なくともどちらかが金銭的な危機意識がある、ということは
どちらにもその意識がないのに比べれば、破綻を回避できるとも言えます。
(ご主人のほうがその分野が得意なら上手く任せるのも手です。)

アテナさんご一家の今後のご希望(住宅・教育資金・退職年齢)やお考え、
収入・支出の状況など、様々な情報を得ないとなんとも言えませんが、
今後の収支をシミュレーションしてみると、(これをライフプラン・シミュレーション
と呼びます)ご主人がお考えの通り、アテナさんがフルタイムで働かなければ
将来的に収支がマイナスになってしまうかもしれませんが、あるいは
パート勤務であっても大丈夫かもしれません。

つまり、心配は現実の通り(あるいはもっと深刻)かもしれませんし、反対に
そこまで心配する必要はないかもしれません。

日頃ご相談を受けている経験から言いますと、奥様の収入が今後の家計のキー
であるケースは年々多くなっていると感じますし、専業主婦でいられる方は
将来的にはどんどん少なくなり、高嶺の花になるのでは、と予想しています。

金銭感覚が決定的に合わず、お互いの信頼関係がどうしても修復できない、
ということなら仕方がないのかもしれませんが、きちんとシミュレーションをして、
現実を把握し、対策も見えてくれば、精神的な不安やご夫婦の溝が埋まる可能性も
あるのかもしれないな、とFPとしては感じました。

赤ちゃんと3人で楽しく過ごしていけるとよいですね。
おふたりで頑張っていってほしいです。 応援しています。

評価・お礼

アテナ さん

2012/09/06 12:29

照井先生

ご回答ありがとうございます。

出産の前後で家計の見直しが必要になることは自覚しておりました。

私自身は育児休暇明けに仕事を再開する意思があり、将来に向けて金銭的な計画を

立ててゆかねばならないことも痛感しております。

それらの話ができるように、まずは夫婦間の関係改善を心掛けてゆきたいと思います。

照井 博美

2012/09/06 14:20

評価を頂きまして、ありがとうございます。

お子様の成長を楽しみながら、どうぞあせらずにゆっくりと関係を改善していけるといいですね。 くれぐれも無理をせず、アテナさんご自身のおからだも大事になさってください。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム