大塚 泰子(建築家)- Q&A回答「ガラスはLow-E複層ガラス遮熱タイプをお奨めします」 - 専門家プロファイル

大塚 泰子
雰囲気、空気感―目に見えないものを、建築という“形”に

大塚 泰子

オオツカ ヤスコ
( 東京都 / 建築家 )
有限会社ノアノア空間工房 代表取締役
Q&A回答への評価:
4.6/14件
サービス:0件
Q&A:38件
コラム:236件
写真:15件
お気軽にお問い合わせください
03-6434-7401
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

窓ガラスについて

住宅・不動産 住宅設備 2012/01/09 15:45

4月に1戸建新築予定のものです。

 窓ガラスの種類で悩んでいます。 
 現在の予定では、ハウスメーカー標準の樹脂複合サッシのペアガラス
 となっています。
 断熱性などを考慮してLow-Eガラスにした方がよいのかと悩んでいますが、
 差額がでますのでどの程度の効果が期待されるのかわからないため、質問いたしま した。
 家全体の窓を変更する場合は、約15万円、LDKのみだと約5万円と言われていま  す。
 家は、南側にLDK,和室があり、掃き出し窓が3か所、リビングの西側にスリット窓 3つです。南側は道路に面しており、日差しを遮るものはありません。
 
 もし変更するにしてもLow-Eガラスが2種類あるようで、
 夏の暑さを防ぐ遮熱がよいか、熱を逃がしにくい断熱がよいのかなども悩みです。

 専門家のご意見を参考にさせていただきたいと思っています。
 よろしくお願いします!

タマミさん ( 愛知県 / 女性 / 30歳 )

ガラスはLow-E複層ガラス遮熱タイプをお奨めします

2012/01/09 17:11
( 5 .0)

ノアノア空間工房の大塚です。
ガラスの種類についてお悩みということであくまでも私の見解ですが、
Low-E複層ガラスの遮熱タイプがよろしいかと思います。
性能についてはデータでの比較が確実です。

断熱性能を比較してみましょう。
断熱性能は熱貫流率Wによって評価されます。
数値が小さいほど断熱性能に優れています。
ガラス厚さ3mm、エア層12mmの場合を比較します。

単板ガラス6.0、
複層ガラス2.9、
Low-E複層ガラス(高断熱タイプ)1.9、
Low-E複層ガラス(遮熱タイプ)1.6

なんと断熱性能はLow-E複層ガラス(遮熱タイプ)が最も高いのです!!

次に遮熱性能を比較してみましょう。
遮熱性能は遮蔽係数によって評価されます。数値が小さいほど遮熱性能に優れています。
厚さ3mm、エア層12mmの場合を比較します。

単板ガラス1.00、
複層ガラス0.90、
Low-E複層ガラス(高断熱タイプ)0.84、
Low-E複層ガラス(遮熱タイプ)0.44

遮熱性能について高断熱タイプと遮熱タイプでは、遮熱タイプの方が約2倍の効果があります!!

上記のデータからも言えるように遮熱タイプがお奨めです。
少エネ、高熱費等を考えても決して高い買い物ではないはずです。
是非ガラスを変えて快適な住まいを手に入れて下さい。

ノアノア空間工房 大塚泰子

評価・お礼

タマミ さん

2012/01/10 23:04

早速のご回答ありがとうございました。

詳しい数値まで教えていただいたのでとてもわかりやすく参考になりました。
遮熱タイプがおすすめなのですね。
省エネや光熱費を考えて検討していきたいと思います!
本当にありがとうございました。

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム写真