押野 智之(音楽講師)- Q&A回答「ときめく高音に挑戦!」 - 専門家プロファイル

押野 智之
音楽とじっくり向き合いたいあなたへ

押野 智之

オシノ トモユキ
( 岐阜県 / 音楽講師 )
M・C中津川音教センター 代表
Q&A回答への評価:
5.0/2件
サービス:0件
Q&A:14件
コラム:47件
写真:12件
お気軽にお問い合わせください
0573-66-7977
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼
専門家への資料の請求は、こちらからお問い合わせください。
資料の請求

ハイトーンな声域のある曲を歌う方法

趣味・教養 ボーカルレッスン 2012/11/08 04:32

私は三度の飯よりカラオケ好きです。
いろいろな歌い方にチャレンジしてここずっと裏声で歌い込んでました。
最近地声で歌うとずっと裏声ばっかりだったのか声域が異様に狭くて無理に歌って喉を枯らすことが度々あります。
地声で声域のある曲を歌って自分に酔いしれたいのですが…ホイッスルボイス?地声の声域を広げる方法はありますでしょうか?
元々渋い声です。本当の自分の地声のハイトーンを耳で聞いてみたいです。

ナシロさん ( 和歌山県 / 男性 / 20歳 )

ときめく高音に挑戦!

2012/12/07 18:58

ナシロさん、こんにちは!
回答が遅くなってしまってごめんなさいね。
お尋ねの「自分の地声のハイトーンで歌ってみたい」について
お話しさせて頂きます。

結論から申し上げますと、やはりヴォイストレーニングをして
高音を出す練習をする必要があると思います。大切なのは・・・


男性の声の仕組みを良くわかっていて、教えてくれる人に習うこと!


ほとんどの男性は、周波数の関係で高音がありません。ごくまれに
そのまま高音が出る人もいるには居ますが、これは例外です。
女性と男性とでは、同じ音を出していても1オクターブの差があり
ます。男性のファルセットは、1オクターブ上の周波数になります。
これは大多数の人が出すことが出来ます。

クラシックの世界では、高音を出すことを“アクート”と云い、高
度なテクニックを必要としています。フラジョレットと云ってファ
ルセットに近い高音を出す方法もあります。どちらにしてもヴォイス
トレーニングは必要になります。好い先生を探してみてください。

ヒントとしては、高音を出すときは、中低音を出す時より呼吸の量を
増やす。ファルセットの時は、多分同じくらいの息の量だと思います。
上半身は、リラックスしていること。顎や喉に力が入らないこと。
難しいですが、軟口蓋を開けるような感じで息を吸い込むような感じ
で歌ってみてください。

ナシロさん、三度の飯よりお好きなことがあるなんて素晴らしいです!
より高いレベルを体験して、これからも存分に愉しんでくださいね!
男性の高声は、たくさんの人の心をときめかせます!
ぜひぜひ挑戦してみてください!

山田正丈・梅村志宣(文:押野)

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム写真