押野 智之(音楽講師)- コラム「第21回ショパン国際ピアノコンクールinASIA」 - 専門家プロファイル

押野 智之
音楽とじっくり向き合いたいあなたへ

押野 智之

オシノ トモユキ
( 岐阜県 / 音楽講師 )
M・C中津川音教センター 代表
Q&A回答への評価:
5.0/2件
サービス:0件
Q&A:14件
コラム:46件
写真:12件
お気軽にお問い合わせください
0573-66-7977
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼
専門家への資料の請求は、こちらからお問い合わせください。
資料の請求

第21回ショパン国際ピアノコンクールinASIA

- good

コンクール ・ コンペティション 2020-02-12 08:30



第21回ショパン国際ピアノコンクールの全国大会が、20
20年1月3日~10日の日程で、昭和音楽大学ホールとみ

なとみらいホールにて開催されました。地区予選を通り抜け
た全国の精鋭たちが競う大会となりました。
M・C中津川音教センターからも相場響さん(小5)と眞柄
あおいさん(中1)が臨みました。

相場響さんは、
「今までのコンクールの中で一番緊張しなかったので、
 いつもの練習のように弾けたと思います。入選した人
 の演奏は音が響いていましたが、私は音が小さかった
 です。きれいな音できちんと出せるようにこれから勉
 強して行きたいと思います。」と語ってくれました。

眞柄あおいさんは、
「昨年は、直前練習が時間的に間に合わなくて出来ませ
 んでしたが、今回は40分間の直前練習が出来たので
 本番ものびのびと弾けました。他のコンクールも含め
 て仕上
がりも一番好かったです。楽しく演奏できまし
 た。」
と話してくれました。

今回は智子先生が、眞柄あおいさんの本番を観覧することが
出来ました。眞柄さんは5番目の演奏でしたが、前の5人も
全国大会にふさわしい実力の持ち主ばかり❢

ショパンコンクールの全国大会ですから素晴らしいチャレン
ジャーが集っているのです。リサイタルを開けるくらいの大
人顔負けの演奏を披露する中学生もいます。

出待ちの緊張は想像に余ります。

眞柄さんは、そんなストレスを乗り越えて、自分の演奏をい
つものように堂々と弾き終えました❢

会場中がピリピリする雰囲気の中、いつもの自分を表現する
ことは至難の技です。眞柄さんを小学1年生から見守ってい
ますが、からだもこころもテクニックも大きく成長する姿を
体感できてとても深い感慨を覚えました。

頑張る生徒さんへ拍手喝采です❢
これからも応援させていただきます❢
そしてたっぷり音楽と人生を愉しんでください

写真左(上):相場響さん
写真右(下):眞柄あおいさん

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム写真