西澤 靖夫(転職PRの専門家&キャリアカウンセラー)- Q&A回答「転職活動を始めてみましょう」 - 専門家プロファイル

西澤 靖夫
転職の不安と悩みを自信に変えて、転職成功をサポートします!

西澤 靖夫

ニシザワ ヤスオ
( 転職PRの専門家&キャリアカウンセラー )
転職の個別サポート塾「ジョブレスキュー」 代表取締役
Q&A回答への評価:
4.8/12件
サービス:1件
Q&A:41件
コラム:159件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

新卒で入社したのですがはやくも辞めたいです

キャリア・仕事 転職・就職 2017/07/06 16:04

新卒で委託給食会社に栄養士として入社しました。3ヶ月間頑張ってきましたが、いろいろありすぎてはやくも辞めたいと思っています。まず、入社して病院に配属されたのですが、1ヶ月経たないうちに病院が直営化するとのことで、時期は未定だけど別の所に異動になるからと上司に言われました。1年間は同じ事業所だと入社する前は言われて1年間は頑張ろうと奮起していた矢先のことで、ショックが大きく、ただの人員補充のためだけに配属されたのではないかと思いました。その時から会社に対して不信感が芽生えましたが、それでも頑張ろうと仕事をしていましたが、仕事内容は栄養士というよりは調理補助(盛り付けや食器洗浄など)が主で、別の事業所に異動になると決まってからは教えても意味がないと先輩の栄養士から栄養士の仕事を教えてもらえませんでした。そして、働いているうちに他の事業所でも人手が不足していて残業していること、残業代が出ないこと、社員をあまり大事にしていないなど会社に対して不信感が募っていきました。そして、1ヶ月ほど前に栄養士、ベテランのパート、調理師の方が一斉に辞めるという話になり、自分が栄養士を任されそうになりました。人手不足で、現場が回っていかないのは明白で、さらに現場を完璧に知らない新人の栄養士ができるはずがないと思いました。ですが、上の人はできると言い、現場のことを全然考えてくれませんでした。上司は現場のことを何も知らないし、病院との話し合いでどういう話になっているのか現場に報告してくれず、不安な日々を過ごしていました。この時に精神的にも体力的にも限界に感じ、心から辞めたいと思いました。今はなんとか上記の方々が戻ってきてくれることになり、仕事していますが、募りに募った不信感や辞めたいという気持ちがぬぐいきれず、新しい事業所にいっても同じなのではないか、さらにひどい所なのではないかと考えてしまいます。4月の時のような頑張ろうという気持ちがなくなっており、しんどいという気持ちでいっぱいです。一緒に働いている方々はこんな会社辞めたほうがいいとみなさん言っています。ですが、新卒3ヶ月でまともな栄養士業務をしていないと考えると転職するにしても難しいのではないかと考えてしまいます。自分でも情けないと思うのですが、決断ができません。どうするのが一番よいのでしょうか。

ゆっけ@さん ( 兵庫県 / 女性 / 22歳 )

西澤 靖夫 専門家

西澤 靖夫
キャリアカウンセラー

- good

転職活動を始めてみましょう

2017/07/06 16:45

ゆっけさん

転職㏚の専門家・西澤です。こんにちは。

大変な会社に入社されましたね。それでは、確かに勤めていくことに不安を感じることでしょう。

また、このまま不安を抱えたまま悶々と勤務していっても、精神的な不調をきたす心配もありますし、そのような状態では、成長していけるのかもわからないですね。

ですので、私からの回答、「まずは、転職活動を始めてみましょう」です。

辞めることは、いつでも出来ます。

ゆっけさんの状況でも、転職は可能です。

ただし、応募先がゆっけさんに興味を持ち、採用したいと思うように、「自己PR」「職務経歴書」「志望動機」などを作らなければなりません。

そのためには、嫌々でも現職で勤務しながら、まずは転職活動を始めてみるコトをお勧めします。

職務経歴書などの作成に時間はかかるかもしれないですが、実際にやってみれば、「何が出来て、何が出来ないのか」「何が分からないのか」なども分かってきます。

具体的に分からないコトは、サイトで調べたり、専門家のサポートを受ければ良いのです。

そうやって転職活動を始めると、現職の仕事の見方も変化が生じるかもしれません。

職務経歴書や自己PRに「こう書きたい」から、日々の仕事を「こう頑張ろう」と考えるようになるかもしれません。

そうなったら、嫌々勤務していた職場も、違った印象になるかもしれませんよ。

そうやって転職活動をしながら勤務していて、「もう我慢できない」となったら辞めれば良いですし、そうなる前にもっと良い会社に採用されてしまえば、堂々と転職すれば良いのです。

上記のようにシンプルに考えてはいかがでしょうか?

私は日々、転職の個別サポート塾で、転職される方々をお手伝いしています。

中には、ゆっけさんと同じような状況の方もいらっしゃいます。

でも、ちゃんと転職成功されていますよ。

もし、一人で考え、行動するのが不安で心配なら、一度、ご相談ください。

転職の個別サポート塾は、初回は無料ですので、お気軽にご利用ください。

少しでも、ゆっけさんのご参考になれば幸いです。

身体を壊さないよう、頑張ってください。

転職PRの専門家
転職の個別サポート塾代表
西澤 靖夫

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム