西澤 靖夫(転職PRの専門家&キャリアカウンセラー)- コラム「あなたの「あたり前」を、ちゃんと自己PRに書いていますか?」 - 専門家プロファイル

西澤 靖夫
転職の不安と悩みを自信に変えて、転職成功をサポートします!

西澤 靖夫

ニシザワ ヤスオ
( 転職PRの専門家&キャリアカウンセラー )
転職の個別サポート塾「ジョブレスキュー」 代表取締役
Q&A回答への評価:
4.8/12件
サービス:1件
Q&A:39件
コラム:470件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

あなたの「あたり前」を、ちゃんと自己PRに書いていますか?

- good

2017-03-19 21:01

あなたの「あたり前」を、ちゃんと自己PRに書いていますか?




なたの
仕事上での「あたり前」は
ありますか?


転職活動を始めて
職務経歴書を作り出すと

「自己PRに書くことが分からなくて」

「アピールすることが見つかりません」

など、
セッション中に
お客様から言われることがあります。


なかなか
自分の良さを自分で見つけるのは
難しかったりしますね。


お客様が自分で作った
職務経歴書を見ると

確かに
自己PRの記述が無かったり

お客様の魅力が表せていない
自己PRだったりします。


でも、
セッションで色々伺っていくと、

同僚を自発的にサポートしていたり

自分の業務以外に
困っている同僚のフォローを
していたりします。


それも
「あたり前」に行っています。


「あたり前」のコトだから

わざわざ
自己PRに書くことでもない

なんて判断されているんです。


れは
大きな誤解です。


「あたり前」のコトは
魅力的に映るコトが多いんです。


上記のような
「自発的な同僚のフォロー」と言う
具体的なエピソードがあるなら

表現を工夫すれば

採用担当者が興味を持つ
自己PRを作っていくことは
簡単です。


周囲に気を配れる
他者をサポートする気持ちのある人は

採用担当者からすれば
とても魅力的に映ります。


自分にとって
「当たり前」だからと言って、

折角のアピールポイントを
排除していては、もったないですよ。

あなたの「当たり前」は何ですか?

今日のワンポイントアドバイス
自己PRは、特別なことでなくていいんです。
あなたの仕事の当たり前を考えてみましょう。
それが宝物かもしれません。

「そうは言うけど、自己PRを作るのはやっぱり難しいですよ」と言う方も、無料相談にお越しください。

転職PR術が、きっとあなたのお役に立つと思います。


面接に呼ばれる職歴書を作って、
自信を持って面接に臨みたいなら、
無料相談をご利用ください!

初回の無料相談の詳細はこちらからお読みください。




サポートメニュー

お客様の声

無料メール講座



プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム