佐藤 昭一(税理士)- コラム「贈与税」 - 専門家プロファイル

佐藤 昭一
住宅の資金計画からローン選択、確定申告まで、トータルサポート

佐藤 昭一

サトウ ショウイチ
( 東京都 / 税理士 )
NICECHOICE 佐藤税理士事務所 
Q&A回答への評価:
4.9/38件
サービス:14件
Q&A:100件
コラム:892件
写真:3件
お気軽にお問い合わせください
03-5942-8818
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ

グループ

専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

贈与税 のコラム一覧

18件中 1~10件目RSSRSS

震災特例法での住宅取得資金贈与について

第2回目は、住宅取得等資金贈与の特例についてです。 住宅取得等資金贈与の特例とは、住宅取得等資金贈与の非課税特例(平成22年は1500万非課税、平成23年は1000万円非課税)と相続時精算課税制度の住宅取得等の特例(住宅取得の際には親の年齢要件をなくす)のことをいいます。 住宅取得等資金贈与の特例の適用を受けるためには、特例の条件を満たさない受けられないのですが、震災特例法によりその条件が免除又は...(続きを読む)

2011/08/11 18:00

贈与税がかかる財産の例(親子間の住宅資金の貸借)

贈与税がかかる財産の例(親子間の住宅資金の貸借) 住宅を購入する際に、親子間で住宅購入資金を貸し借りするというのはよくある話です。 貸し借りにした場合には、贈与の「あげます」「わかりました」という関係ではないので贈与税の課税対象とは原則としてなりません。 ただし、返済期間や利息の定めなどがない貸し借りで、「ある時払いの催促なし」「出世払い」などというように、通常の銀行での借入ではありえないような契約で貸し借りをしている場合には、贈与と...(続きを読む)

2010/11/05 11:17

贈与税がかかる財産の例(みなし取得財産)

贈与税がかかる財産の例(みなし取得財産) 贈与税は、財産を「あげます」、「わかりました」とすると課税の対象となります。 ところが、「あげます」、「わかりました」という贈与の手続きをしなくても、贈与をしたものと同じ効果があるものについては、贈与によって取得したものとみなされます。 みなし取得財産と呼ばれるのですが、具体例をいくつかあげます。 1.債務の免除による利益を受けた場合 例えば、親から借入していた住宅資金の返...(続きを読む)

2010/11/05 11:16

贈与税がかかる財産の例(本来の取得財産)

贈与税がかかる財産の例(本来の取得財産) 贈与税は、財産をあげます、もらいますと贈与契約をすると課税されます。 贈与契約は書面でなくても口頭でもできます。 あげます、もらいますというのは、財産の名義の変更があった場合も含まれます。 例をあげます。 1.親から資金の援助を受けた場合 住宅を取得するために資金を援助し、「出世払い」や「ある時払いの催促なし」のように返済期限の定めがないような、実質的に贈与と認められ...(続きを読む)

2010/11/05 11:15

贈与があった時期とは

贈与があった時期とは 贈与税は、財産をもらった個人に対して1年単位で課税されます。 1年とは、2010年ですと2010年1月1日から2010年12月31日までの期間のことをいいます。 財産をもらったのがいつであるかによって、いつの贈与であるのかが決まり、贈与税が課税されるのかどうかがきまります。 この贈与があった時期というのは、次のように取り扱います。 (1)書面による贈与の場合 贈与契約書な...(続きを読む)

2010/11/05 11:14

贈与税がかかる人

贈与税がかかる人 贈与税は、財産をもらった人に対して課税されます。 財産をあげた人に対しては課税されません。 また、財産をあげた人が法人の場合には、財産をもらった人は贈与税が課税されず、所得税(一時所得)の課税対象となります。 複数の人から財産をもらった人の場合には、そのもらった財産を1年単位で全て合計して、贈与税が課税されます。 贈与税は、贈与された財産の価額の合計額が年110万円までであ...(続きを読む)

2010/11/05 11:14

贈与の種類

贈与の種類 贈与とは、自分の財産を無償で相手方に与える意思を表示し、相手方がこれを承諾することによって成立する契約のことをいいます。 つまり、あげる方が「あげます」、もらう方が「わかりました」となると贈与が成立します。 贈与については、金銭や不動産や株券などの資産を単純に「あげます」「もらいます」とする普通の贈与の他に民法でも規定がある次のようなものもあります。 定期贈与   第552条(定...(続きを読む)

2010/11/05 11:13

贈与とは?

贈与とは? 贈与税が課税される贈与については、民法に規定が定められています。 民法549条 「贈与は、当事者の一方が自己の財産を無償で相手方に与える意思を表示し、相手方が受諾をすることによって、その効力を生ずる。 財産をあげる方が「あげます」と意思表示し、もらう方が「わかりました」と了解すると贈与が成立します。 よくあるのが「あげたつもり」の名義預金です。 子供の名前で預金口座を開き...(続きを読む)

2010/11/05 11:08

贈与税が設けられた理由

贈与税が設けられた理由 贈与税とは、相続税を補完するために設けられた税金です。 相続税の補完税のため、「贈与税法」といった法律はなく、「相続税法」の中に贈与税の規定がおかれています。 贈与税が設けられたのは、生前贈与と相続や遺贈との関係で、片方は相続税が課税されるのでは不公平が生じるという理由からになります。 その結果、生前贈与については、贈与税が課税され、亡くなられた時の相続や遺贈には相続税が課税され...(続きを読む)

2010/11/05 11:06

贈与税のかからない財産(非課税財産)

贈与税のかからない財産(非課税財産) 贈与を受けても贈与税がかからない財産のことを贈与税の非課税財産と呼びます。 贈与税の非課税財産はいくつもあるのですが、皆様に関係のありそうな代表的なものをいくつか紹介します。 1.法人からの贈与財産 法人からの贈与財産については、その全額が非課税となります。 ただし、法人から贈与を受けた財産については、別途一時所得として、所得税が課税されます。 2.相続開始の年に被相...(続きを読む)

2010/11/05 11:02

18件中 1~10件目

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真