佐藤 昭一(税理士)- コラム「省エネルギー性・耐震性を備えた良質な住宅用家屋とは」 - 専門家プロファイル

佐藤 昭一
住宅の資金計画からローン選択、確定申告まで、トータルサポート

佐藤 昭一

サトウ ショウイチ
( 東京都 / 税理士 )
NICECHOICE 佐藤税理士事務所 
Q&A回答への評価:
4.9/38件
サービス:14件
Q&A:100件
コラム:892件
写真:3件
お気軽にお問い合わせください
03-5942-8818
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ

グループ

専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

省エネルギー性・耐震性を備えた良質な住宅用家屋とは

- good

平成24年度税制改正 2012-04-02 18:43

24年の税制改正法案が3月30日に成立して同日付で施行されました。

住宅取得等資金贈与の特例については、24年1月1日に遡って適用されます。

24年の住宅取得資金贈与については、非課税となる枠が省エネルギー性・耐震性を備えた良質な住宅用家屋を取得した方については、1500万円、一般の住宅を取得した方については1000万円となっております。

省エネルギー性・耐震性を備えた良質な住宅用家屋がどういった家屋のことをいうのか明確になっていませんでしたが、財務省令を確認した所、以下のような基準となっていましたのでお知らせします。

なお、私は建築の専門家ではないため、下記の条件が何を言っているのか?についてまではわかりません。下記の条件を満たしている物件かどうかは物件の販売担当者や設計担当者にご確認いただきますようお願いします。

なお、当然ながら、これらの基準を満たしていることを証明する書類を確定申告書に添付することが条件となっております。

省エネルギー性・耐震性を備えた良質な住宅用家屋とは?


新築住宅の場合 次のいずれかの基準を満たしていること

イ 評価方法基準(平成十三年国土交通省告示第千三百四十七号)第5の5の5-1(3)の等級4の基準に適合していること

ロ 評価方法基準第5の1の1-1(3)の等級2若しくは等級3の基準又は評価方法基準第5の1の1-3(3)の免震建築物の基準に適合していること

中古住宅の場合 次のいずれかの基準を満たしていること

イ 評価方法基準第5の5の5-1(3)の等級4の基準に適合する住宅用の家屋と同程度にエネルギーの使用の合理化に著しく資すると認められること

ロ 評価方法基準第5の1の1-4(4)の等級2若しくは等級3の基準又は評価方法基準第5の1の1ー(4)の免震建築物の基準に適合していること


住宅の税金のことなら、マイホームの税金


〒165-0026
東京都中野区新井1-12-14
秀光建設本社ビル5階
TEL 03-5942-8818



カテゴリ 「平成24年度税制改正」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

その他サービス 住宅の税金セミナー講師代行します!

住宅の税金専門税理士が展示場、イベント会場、モデルルームでのセミナー講師を代行します!

料金
30,000円

住宅の税金の専門税理士として、毎年数多くの方からご相談を受けた経験に基づき、住宅購入者が疑問に思うポイントを中心に住宅購入時、売却時、住宅資金の贈与を受けた時の税金問題を分かりやすく解説します。

住宅の税金セミナー講師代行します!
プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真